コラム 【本気の彼活日記】やっと出会えた相手?それとも恋愛詐欺師?ビビビときた彼は運命のパートナー!?〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

自分が“これから気に入る人”は初めて会ったその瞬間にわかる

会った瞬間にビビビとくるのは、やっぱりある話。待ち合わせの焼肉屋さんで、店員さんに「こちらです」と案内された先には、ぱっと見で「いいかも!」と思える人が座っていました。今回のデート相手はマッチングアプリで出会った人。プロフィールと写真だけで、メッセージのやりとりはしていない状態でのデートでしたが、

「遅れてすいません」
「いえいえ」

のその瞬間で「いい感じ!」と察知しているのが、わかりました。

自分を客観視すると、テンションが上がる相手とそうでない相手が著しく違うのがわかります。そしてテンションが上がる相手に出会うと、それまでの人たちがいかに自分のセンサーに引っかかっていなかったことが明確に……。その中で、“いいかも、違うかも、やっぱりいいかも……”と頭を悩ませていたわけですから「無理やり決めなくてよかった」と、毎度思うのでした。

そんな初見でビビビと来た彼の年齢は45歳で、職業はコンサルタント。もうすぐ独立して会社を作ることが決まっていて、今はその準備中とのことでした。ご飯に行こうと思った理由は下記の通り。

・年収1000万から1500万
・おいしいものが好き
・旅行が好き
・プロフィールが誠実
(詳しく丁寧に書かれていた)
・写真が笑顔で優しそう
・性格は穏やかであまり“人に怒ったことがない”と
書いてあったところ

いいなと思うポイントは多かったのですが、
私がもっとも反応したのは

「これまでは頼られる恋愛が多かったけれど、
これからはお互いに自立した関係がいいと思っている」

という文面。プロフィールによると、別居中の子どもアリ。バツイチということになりますが、それで、離婚の原因をなんとなくイメージすることができました。決して“お互いに自立した関係がいい”と強く願っていたわけじゃないのですが、自分が望んでいる関係がそこにあるような気がしたのです。

そして、目の前にいる彼。
ぶっちゃけとてもステキ。

清潔感があって、真面目そうで、優しそうで、40代半ばではありますが「おじさん感」はゼロ。ジムでしっかり鍛えているのか、健康に気を使っているか若々しい……。だけど若作りしている感はなく、年相応な服装と話し方。落ち着きがあり、不思議とこちらがリラックスできる雰囲気でした。芸能人で近い人は、俳優の藤木直人さんをかなり塩顔にしたイメージ。そして、あの優しそうに笑う雰囲気がとっても似ている……。

1 2