コラム 【本気の彼活日記】旅先で出会った38歳イケメンと恋愛のリハビリ…、そのアバンチュールで気づいた大事なこと〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、35歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ 

距離の取り方が近くて新鮮…自分を偽らない野生っぽさも

長期で沖縄旅行に出かけて、それが婚活に良く作用したのが前回のお話「長期のリフレッシュ旅行が婚活に効く理由と現地でのマッチングアプリ利用のコツ」。そして滞在中に、ちょっとした色恋沙汰も……。

それが、賀来賢人くん似のイケメンサーファー系お兄さんと過ごした4日間でした。出会ったらその日から私の部屋に自然と出入りするようになり、その雰囲気はもう長年の恋人みたいな装い。(〜その1はコチラ

「いつもこんなことしてるのだろうか?」

と思わなくもなかったけれど、だとしても正直どうでも良かったのが本音。だから、最初は「イケメンだし、ここは沖縄だし、まーいっか!」という軽いノリだったのかもしれません。

でも4日間、彼にどっぷりハマってしまったのは、彼の距離の取り方がすごく近くて新鮮だったのかも。「え、今日も部屋来るの?」と、こっちが少し距離を取ろうとしても「なんで?ダメなの?」という態度。それに今日がまだ終わってないうちから「明日さ、ここ行かない?」と、沖縄の景色がいいスポットを見せてきたり、出会った初日からずっと一緒にいることが前提なのです。

最初は戸惑いましたが、それが心地悪くなかったのが本音。ちなみにゴハン代やらお酒代やらは、全部彼が出してくれているのでホスト役でそこにいるわけでもなく、それがまたもう長らく忘れていた“彼氏っぽさ”そのものだったのです。

ちなみに賀来さん。話がものすごく面白い上に、言うこと言うことが正直過ぎて、どこか憎めないところも。観光客をナンパして失敗した話までも私にしてくるくらいで、「デリカシーがない」とその場では言いましたが、逆を言えば裏表がないということ。あまりにも計算がなさ過ぎて、それもそれで爽快感がありました。

自分を良く見せたいという気持ちや、本心を探られないようにしようとする腹黒さがなく、でもポワポワと抜けている感じでもなく、表現するなら野生児。そんな彼の人柄にこっちの警戒心もすぐに溶けて、居心地が良くなってしまったのだと思います。

1 2