コラム 【本気の彼活日記】バツイチ子持ちの54歳女性の婚活話を聞いて…35歳の私が思ったこと〜その2〜

恋愛感情も助け合いも両方欲しい。

なんというか、きっと私だって婚活を成功させる方法論はわかっている。でも、それができないから今があるわけで……。結衣さんの話を考えると、やっぱり若いうちに大恋愛からの結婚からの子どもは作っておくべきで、それが成功したら万々歳だし、失敗しても第2婚活というのがあるよ!となるわけだけど、もう時は戻せない。同じ婚活といっても、私と結衣さんじゃ全然違うステージだということもよくわかります。

私と同世代の独身女性が「恋愛から結婚したいの」とか「自然に好きになりたいから、マッチングアプリは無理」と言っているのを聞くと、自分のことは棚に上げて「夢見る夢子ちゃんだなー、もっと現実見たほうが……」と思うけれど、でもそんな私自身がやっぱり恋愛から結婚したいと思っている張本人。恋愛感情も助け合いも両方欲しい。これを克服しないと、結婚できないのであれば私が結婚する日は一生やってこないのもかもしれません……。

結婚に求める恋愛感情のバロメーターが年齢とともに下がっている?

ただせめてもの救いなのが、昔よりその思いが弱まっていること。恋愛、恋愛とは言っているものの、何も大恋愛がしたいわけではないし、自然に好きになりたいって気持ちも昔ほどはない。結婚に求める恋愛感情のバロメーターが年齢とともに少しずつ弱まっているのかもしれません……。これって、もう少し年齢を重ねれば、もしかしたら結衣さん側にいけるのだろうか……? 

そんな感じで今週はますます混沌としています。

そろそろ新しい男性と出会わなければ!

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。