コラム 【ホンキの彼活日記】彼との別れ! 本気の彼活を決意するまで「足りないものが多すぎたホタテくん」~その2~

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

10代、20代と散々遊んだ後の30代は仕事、仕事の毎日。最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中!

……と、こうなったのには、もちろんワケがあります。最初にそのお話からさせてください。~その1~はコチラ。

ホタテくんのことを忘れて、新しい出会いを探す

「私本気で彼氏が欲しいんだけど、合コンしない? 4対4ぐらいでどう?」

私がLINEをしたのはIT企業で働く男友達で、慶応出身のエリートおぼっちゃまくん。彼自身も婚活中だったので、きっとお互いにメリットがあるだろうなと思い連絡してみたところ、2秒後ぐらいに「いいよ」という返信が。

そして、LINEを打った次の次の土曜日。私は恵比寿で4対4の合コンをすることになりました。

まだホタテくんとは別れておらず、モヤモヤしていたのですが、とりあえず彼のことはいったん忘れることにして、先に行動してみよう!と思ったのです。

夜の8時。集まったのは気軽な雰囲気のスペインバル。そしてやってきたメンズは幹事の学生時代の同級生。みんな慶応ボーイでした。合コン久しぶりだなぁと思いながら、オーダーやら自己紹介などが始まりました。

<合コン男性メンバー>

・身体が華奢で塩顔のメーカー勤務さん

・サーファーっぽい広告代理店さん

・小ぎれいな格好にメガネをかけている外資系証券さん

・エリートおぼっちゃまなIT勤務さん(幹事)

年齢はみんな私と同じ33歳。全員独身で彼女がいないとのことでしたが、この雰囲気だとどうせ1人ぐらいはウソついているんだろうなぁと、あまり信じませんでした。特に広告代理店さんと外資系金融さんあたり(笑)。

私の方は、同い年の友だちと4人で参加。

みんな同じ33歳とのことで、共通の話題も多く全体的な雰囲気は盛り上がっていたのですが、終始テーブルを囲んでみんなで話す、という感じに。個人個人で話す場面があまりないまま1次会は終了してしまいました。だから、誰が誰を気に入ってる……みたいな人間模様もあまり見られませんでした。

2次会に……とならなかったのは、数人翌日の朝が早かったから。店前で解散かなーっていう雰囲気になったとき、私は自分でも驚くほど大胆な行動に出てみたんです。

まぁ、完全に酔っ払っていたんですけどね。

塩顔のメーカー勤務さんにトコトコ駆け寄って、「これからどっか2人で飲みに行かない?」
周りの人のことは無視。そのまま2人でバーに飲みに行きました。

なぜ、私がこんな行動に出たかというと、酔っ払っていたのが80%ぐらいだったんですけど、私が誘った塩顔メーカー勤務さんは誠実で真面目そうな雰囲気がしたんですよね。

でも、あまり肉食系にも見えなかったから、私から行かないと!っていう気になってしまって。しかも1次会では個人的に話をしたわけではないから、今日を逃してまた改めてデートに誘う方がきっと労力を使いそうな気がして。とっさに「今日しかない!」って思ったんです。

「モテそうなのに、本当に彼女いないの?」

「4か月前に別れたばかりなんだよね。5つ歳上だったんだけど…」

バーではそんな過去の恋愛の話やら、家族の話やらで盛り上がりとても楽しい時間でした。

このまま、会う回数を重ねれば上手く行ったりして……。なんて妄想もちらついていたんですけど、私はここで、大失態を犯してしまうんです。

33歳にもなって、本当に自分はアホだなって思いました。

1 2