コラム 【ホンキの彼活日記】手をつなぐのは何回目のデート? 大手商社勤務の串揚げさん36歳で感じたこと~その1~

初めまして。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

うっかり惨事も手伝って、歳下で格下のホタテくんとの関係にピリオドを。結婚を視野に入れた“ホンキの彼活中”の身です。目標は年内! 短期集中で頑張るゾ!と意気込んでおりますが、2年も付き合った彼。傷心は傷心です……

これまでのお話はコチラ

心が落ち込んだときこそ、具体的なアクションを!

「本日、両家の顔合わせをしました」

たまたま開けたSNSにズドーンと現れたA子の投稿。結婚間近なことを匂わせるような雰囲気に、はぅ……とため息。この子は昔の合コン仲間です。

破天荒で不毛な恋愛ばかりしていた彼女も、いつの間にか今の彼に落ち着いてすっかり疎遠に。ここ最近は、こんな感じでさまざまな人の結婚報告(主にSNS)が呪いのように私を追いかけ回す日々です(笑)。

どんより。

って感じですが、さっさと霧を晴らしたい。とにかく、落ち込みそうになったときこそ、ひとりで悶々と考えるのをやめて、具体的な手立てを考え、行動するようにしています。そうすると、不安な気持ちが期待に変わってくれるので。

さて、そんな中で起こした最近のアクションは「尊敬できて信頼できる仕事の女先輩に相談して紹介してもらう」でした。

同じ業界で働く5つ上のメガミ先輩。後輩だから相談しやすいうえに仕事における信頼も厚かったので、きっと私のことを真摯に受け止めてくれるだろうと思ったんです。優秀で、物知りで、高学歴で、さらに後輩の面倒見も良くて、人間的にデキた人。プライベートで男性を交えて飲むことはこれまでなかったけれど、類友ルールできっと周りにはイイ男性がいるのでは?という、狙いもありました。

古い記憶を頼りに引っ張りだしたモテ7か条

「大学の男友だちとみんなでご飯食べるからアミもおいで! 独身で彼女ナシの人もいるから!」

困った人を放っておけない。そんな性分のメガミ先輩からはすぐにこんな誘いが。

前回の慶応ボーイ合コンは何も考えずに飲み過ぎて大惨事になったので、今回はある程度、冷静に望まないと。最近、めっきり恋愛免疫がなくなってしまったけれど、古い記憶からモテの引き出しを引っ張り出してみました。

1.服装はアナウンサーになるべく寄せる(これが鉄板だと言われている)

2.よく笑う(笑顔だと、3割増しぐらい可愛く見える)

3.男性の話に対するリアクションは大きく(好感を持たれやすくなる)

4.自分の話は基本聞かれたときだけ(自分の話をし過ぎない方が、次につながりやすい)

5.男性に積極的に質問する(この子、俺に興味あるのかな?となる)

6.男性に上から目線で話さないよう気をつける(君、何様?となる)

7.仕事の話に熱くなりすぎないように(そういう話は二人のときに)

この7か条をおさらいしながら行ったメガミ先輩の会は、恵比寿のもつ鍋屋さんで開催。人数は8人〜10人ぐらいでしょうか。

既婚者の人も何人かいたので、合コンというわけではないけれど、みんなでワイワイ世間話をしながら楽しむような雰囲気でした。

そして、この会で私は彼に出会うことになります。

1 2