【ホンキの彼活日記】女よりも「いい男でありたい」が最優先! ハイブランドさん38歳と食事デートへ~その2~

【ホンキの彼活日記】女よりも「いい男でありたい」が最優先! ハイブランドさん38歳と食事デートへ~その2~

うっかり惨事も手伝って、歳下で格下男子にピリオドを。結婚を視野に入れた本気の彼活中の身です。目標は年内! 短期集中で頑張るゾ!と意気込んでおります。

港区男子のハイブランドさんとのデート。2軒目に行こう!と提案したのですが……~その1~はコチラ

2軒目には行かず、雑なありがとうLINE”がくる

「次、2軒目どっか行く?」と、私が言うと、

「え、もうこんな時間だし、アミちゃん終電なくなっちゃうんじゃない? 明日、朝早くから取材なんでしょう?」と、ハイブランドさん。「今日は帰った方がいいんじゃない?」って言われたんです。

えっ……。

ハイブランドさんが終電を気にするような飲み方をしているとは思えない。それに私も、撮影で朝早いとは言ったけれど、多少なりとも無理をしようって思っていたわけです。この前は、あんなに私が帰ろうとするのを「待って!帰らないで」と、引き止めてくれたのになぁ……。この対応の差になんとなく寂しい気持ちに。

そして「途中まで送るよ!」と、私をタクシーで渋谷まで送ると「俺もここで降りようかな」って降りて、そこで「じゃあ気をつけてね」と言われてバイバイしました。そして駅とは逆方面に歩いていこうとする彼。

「あれ、帰るんじゃないの? どっか行くの?」と私が聞くと

「あ、うん、ちょっとね……」と、少しバツが悪そうな表情。

なるほど。「飲んでるから、来なよ」的な、私といるよりも楽しいであろう誘いが入ったから、そっちに行くってことね。自分とのデートの後に予定入れられるって気分がいいものじゃないけど、せめてそれならそうと言ってくれればいいのに、と思いました。「ちょっと顔出さなきゃいけないとこあって」とか。

そして、別れた直後にハイブランドさんからは、

ー今日はこんな遅い時間まで付き合ってくれて、ありがとうね!ー

とLINEが。ん?何か違くない? こんな遅い時間まで付き合ってくれて……って、まだ飲みたいと言った私に送るメールとしては、不適切な気がしてならなかった。てか、雑!

「いい男でいたい」が最優先

この日の帰り道に考えてみました。ハイブランドさん、結局のところ「彼女を作りたい」って言うより、「自分がいい男でいること」が最優先なんですよね。

先ほどのLINE(ちゃんと女の子にお礼のメッセージを送るスマートな俺)もそうですし、思い出せば、レストランの予約の時からなぜこの店をとったのか?の説明が長かった(ね、俺、できる男でしょ?)し、普段は合コンまがいのバカ騒ぎする飲み方はしない(俺は、いわゆる港区男子じゃない、もっと品がある)ってしきりに言っていたし、会話が噛み合わなかったのも、彼の語る話(俺って、いろいろこだわり持ってんのよ?)に知らない単語ばかりで正直、疲れてしまって。途中から放棄していたんです。だってクルマとかウイスキーとかメンズのファッションブランドの話をされても、ちょっと退屈。しかも「それ何?」と聞いても、「え、なんで知らないの?」という感じで説明するのがめんどくさいって雰囲気で。

だから、こちらも途中から少しスルー気味で聞いてしまって……。今思うと、彼のテンションを下げてしまったのはここが原因!? いずれにせよ反省ポイントであることは間違いありません。

1 2
不倫 金運 時短 貧困女子 アラサー 婚活 美人探偵 結婚 セカンド 浮気事件簿 占い キャリア 恋愛講座 その1 恋愛 アラフォー アプリ 恋愛運 浮気 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。