コラム 【ホンキの彼活日記】女よりも「いい男でありたい」が最優先! ハイブランドさん38歳と食事デートへ~その2~

色々ごちゃごちゃ書きましたけど、結局のところハイブランドさん、私に興味があったからゴハンに誘ってくれたし、連絡もくれていたんだと思うんですけど、その興味は「やっぱり、この子違う」に変わってしまったってことなんだと思います。その証拠にそれまで活発だったLINEのやりとりはピタリと止まってしまいました。

それはそれで残念なことだけど、ここで潔く受け入れておこうって思いました。いいんです! 別に私だって、楽しかったか?って聞かれると答えはノー。「好かれたい」っていう気持ちは大きかったですけど。最初に会ったときにハイブランドさんから感じた「自分にはもっといい女がいるはず」っていう貪欲さ。きっと、常にもっといいもの、楽しいことを探し続けているんだろうなぁっていう感じです。そして、私とデートした日も心の奥底で俺に見合う女がいないって思ったのではないでしょうか。

溜まっていく愛欲を解消!

というわけで進行している案件の進捗がゼロ! あれも違う、これもうまくいかないっていうのがずっと続く……って考えるとしんどいですね。仕事もそうですけど、成果が見られないとモチベーションがだだ下がり。

しかも愛を求めてさまよっているわけですから、こうやってうまくいかないと、愛欲が溜まっていく一方! それを爆発させないためにも、最近よく渋谷のとあるバーに飲みに行っています。

ここ、わかりやすくチヤホヤしてくれるんです(笑)。マスターはイケメンだし、常連のお客さんも、みんな気さくでいい人たちばかり。「アミちゃん、アミちゃん」と良くしてくれて、中には、私のことをとっても気に入ってくれているダンディーなおじ様も。可愛がってもらっているついでに、たまにいいレストランに連れて行ってもらうこともあります。

そこに足を運び「愛されてるな私、大丈夫、大丈夫」と癒されて帰るんですよね。

薄っぺらい女だな……って、自分でも思うんですけど、こうやってバランスとらないとやっていけない!

ちなみにハイブランドさんとのデートのあとも、私は愛欲を解消しにそのお店へ。よし!と、無事に気持ちを立て直すことができました。

実は週末、知り合いから43歳の大手メーカー勤務の独身男性を紹介してもらうことになっているんです! 楽しい人だといいなぁ。とりあえずハイブランドさんのために買ったデート服、もったいないので着ていこうかなと思っています。

ちなみにデート服のコーデ買いは、かなりおすすめ。忙しくて余裕がなくても、これを用意しておくだけで、心の余裕が全然違います!

婚活女子たるもの、デート服はちゃんと準備しておきましょう!

 

1 2

プロフィール

フルタアミ

1985年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ジャンルはファッションや美容系など。高校生の頃は渋谷で毎日たむろするようなギャル。大学に入ってから社会人5年目ぐらいまでは、今でいう港区女子的な感じでいわゆる“金持ち”と合コンを繰り返す。散々遊んだあとの30代は恋愛よりも仕事、仕事の毎日に。「私、仕事が充実しているの!」のキラキラアピールを隠れ蓑に「結婚はまだいいかな」と余裕ぶっていたところ、最近になって“30代ホンキの寂しさ”実感するように。仕事を頑張る今の自分は嫌いじゃない。だけど恋愛も本気で頑張らないと!と、幸せに向かって目下奮闘中! ちなみに見た目は「気が強そう、キツそう」と言われますが、中身はかなりおっとり系です。

Ranking

Information