【ホンキの彼活日記】「この物語はフィクションです」という気持ちに! 元カレ俳優さんに会いに行く ~その2~

【ホンキの彼活日記】「この物語はフィクションです」という気持ちに! 元カレ俳優さんに会いに行く ~その2~

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活を開始。最初は短期集中で頑張るゾ!と意気込んでいたものの、もうあっという間の年末……。〜その1〜はコチラ

とてもついていけない、超俺様男だった

「彼女なのに、俺に毎日連絡してこないってどういうこと?」

6年前に付き合った元カレ俳優さん。付き合ったところまでは、いい感じにことが進んでいたんですけどね。その後、どんどん彼についていけなくなりました。

彼の中では、「彼女は彼氏に心配させないように、毎日どこで何をしていたか連絡するものだろ?」というのが常識だったんです。そういうの義務付けるのって違くない?と思って「えー、でも……」と言った私に対して「お前、ふざけてんのか?」と、そのまま電話で30分ぐらい説教をされました……

私が何を言っても「俺が絶対」という態度。途中でめんどくさくなって「わかったよ、もう!」と言った私に対して、今度は「わかった? じゃあ何がわかったのか、言ってみろよ?」と言われた。

めんどくさっ!と思いましたね。

電話に出ないと大変だし、メールをすぐに返さないと激怒。ものすごく束縛してくるくせに、自分は何をやってもOKという雰囲気。都合の悪いことは答えないし、直接会って聞いても言わない。人には予定をしっかり伝えろって言うくせに、自分がどこで何をやっているかは言わないっていう、かなり高いレベルの俺様でした。

どう考えても、おかしいって思って彼に抗議するのだけど、人の言うことをまともに聞いてくれませんでした。それでついに我慢できなくなった私が「もう無理」とひとことメールして、2か月後、終わりを告げたのでした。

ところが、それから鬼のように電話がかかってきて、メールも止まらない。挙げ句の果てに電話の留守電に、チンピラのような声で「お前いい加減にしろよ!!!!!!」と激怒した声が入っていたっていう。このときは本当にこわいと思いました……

そんな感じで終わったのが元カレ俳優さん(笑)。

それからほとぼりが冷めた頃に、何ごともなかったかのように「元気か?」って連絡もらったのをきっかけに、ごくたまに連絡を取り合っていたのでした。会ってはいなかったけど。

1 2 3
アプリ 時短 金運 恋愛講座 不倫 その1 恋愛 美人探偵 恋愛運 浮気 キャリア アラフォー 運勢 アラサー セカンド 占い 浮気事件簿 結婚 貧困女子 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。