【ホンキの彼活日記】そこを熱弁されても!と困惑してしまった…先生さんとのデート ~その1~

【ホンキの彼活日記】そこを熱弁されても!と困惑してしまった…先生さんとのデート ~その1~

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活を開始。最初は短期集中で頑張るゾ!と意気込んでいたものの、もうあっという間の年末……。これまでのお話はコチラ

友だちがおじさん化して開き直り始めた

「わたし、もうぶっ飛んでるし、自分のこと変だって思っているからいいの!」

という友人M子。外資系金融に勤めていて、いわゆるハイスペ女子。お金に余裕があり、自由に恋愛を楽しんでいて、結婚とかどうでもいいやという雰囲気。そして、最近はかなり年下の男の子に走っている。本人はそれを「おじさん化しているの」と、言っていたけど、本当にその通りだと思ってしまった。

性欲がみなぎっているところや、かなり歳下の男の子を追いかけまわしているところなどなど。そして、若干開き直りにも見えてしまっている。「あ~あ、だって、どうせうまく行かないし、本気の恋愛」みたいな。「だったら、もう恋愛方面は乱れ打ちでいいや」的な。

気持ちはわからなくもないのですが、私はここまで開き直れないし、おじさん化するのもイヤ!と心底思ってしまいました。「アミはさ、結婚できそうならしといた方がいいよ~」と、もはや土俵から降りた感さえある(同い年なのに)。

友人なので、複雑な気持ちではありますがやっぱり頑張っておかないと……身が引き締まる思いです。

生徒思いが好印象!先生さんと合コンで出会う!

で、今回紹介するのは予備校講師をやっている先生さんの話です。彼と出会ったのは少し前の合コン。私と同い年で婚活中の友だちに誘われて行った会でした。

場所は新宿にあるお鍋屋さん。44で、お相手は

・人材会社営業(34歳)

・エンジニア134歳)

・エンジニア234歳)

・予備校講師(34歳)

仕事があったので、30分ぐらい遅れて到着。すでに場の空気は温まっていました。それで、私が座った席の隣にいたのが、予備校講師の先生さんでした。

見た目は顔立ちがはっきりしていて、背も高い。イケメンというわけではないけど2.8枚目ぐらいな感じではありました。私自身、学生時代「先生」というものに憧れを持っていたものだから、その職業だけで興味をそそられてしまったんですね。

この日、男性メンバーの服装はわりかしみんなオフィスカジュアルだったんですけど、先生さんはきちんとしたスーツ。それがまた先生っぽくていい! しかも話を聞いてると、「女子生徒から、告白された」みたいなコトも出てきて、ちょっと、くすぐったい気持ちにも。

「正直、かわいいなって思う子もいる。でもって、その子が自分のこと好きっていうのが態度でわかったりするから、余計かわいいなって(笑)」

「恋愛対象になったりしないの?」

「さすがに、小学生、中学生はないでしょ。高校生で大人っぽい子もいるけど、さすがにね……

昔、私が高校生のときに好きだった先生は、確か30歳ぐらいだったはず。だから、あのときの先生のプライベートはこんな感じだったのかしらーと懐かしい気持ちになりながら、話を聞いていました。

「うんうん。それで?それで?」

「あ、でもね。恋愛に関していえば生徒のお母さんとの方がリアルかも」

「そうなの!?」

「若いお母さん、多いんだよねー。で、旦那さんがものすごい年上だったりすると、僕の方が歳近いわけ。それで、子どもの相談とかされているうちに変な気を持たれたり……

「え、それで?どうにかなっちゃうの?」

「さすがに、それはない。やんわり距離をとるようにするよ。トラブルのもとになるからね」

1 2
恋愛運 結婚 美人探偵 浮気事件簿 アプリ セカンド その1 不倫 アラサー 金運 アラフォー 貧困女子 時短 浮気 占い キャリア 恋愛 運勢 婚活 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。