【ホンキの彼活日記】愛想がいいは本命を逃す? 30歳、WEBデザイナーのサブカルくんで学んだこと〜その2〜

【ホンキの彼活日記】愛想がいいは本命を逃す? 30歳、WEBデザイナーのサブカルくんで学んだこと〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活”中!

“出会いタウン”の飲み屋街。そこでお気に入りだったWEBデザイナーのサブカルくんに好かれようと思って、周囲に愛想良く振るまっていたところ、「アミちゃんってさ、ただの男好き?」と、軽い女認定をされていたことを知ります………。(〜その1〜はコチラ )その理由はなんだったのでしょうか?

愛想良く振るまい過ぎていた?

サブカルくんが話していた私への悪口。それを教えてくれたのは、その現場にいたメンズのうちのひとりです。妻子ある人で、男女の感情とかは一切ナシ。男友だち感覚で仲良くしていたY氏でした。そして、はっきりと語ってくれたんです。

「なんで、こんなこと言われたんだろう?」

「う〜ん、アミちゃん、誰にでも愛想良く振るまい過ぎなんじゃない?いつも男の人に対して“スゴイ!”って言って盛り上げてるイメージがある(笑)。気さくな感じはいいと思うけど、確かにお手軽感は否めないかもね」

「え〜、その場にいる人たちとできるだけ楽しい時間過ごそう!って思ってただけなのに」

私はどちらかというと、周囲に気を遣ってしまうタイプ。だから、一緒にいる人をちょっと盛り上げよう!とかそういうことを考えるのは日常的なこと。その気遣いに対して、そんな仕打ちを受けないといけないのか?と、理不尽な気持ちにさえ、なってしまいました。

愛想含む、サービス精神でも損をする

そして、男好きの軽い女疑惑が出た事件として、そのほかにY氏が教えてくれたのが、少し前にみんなでもんじゃを食べに行ったときのできごと。そのときは、たまたま近くでゴルフバーをいくつか持っている飲食店のオーナーさんが一緒だったんです。

エライ人がいる場だと、周りの男性がその人に気を遣うことになりますよね。そのときもそうだったんですが、一緒に飲んでいたうちの誰かが「アミちゃん、隣り座ってあげてよ〜」と、振ってきて、私をオーナーさんの隣に座らせたんです。私も空気を読んで、その人の隣に座って、楽しく話をしていたのですが、そのオーナーさん、ちょっと酒グセが悪い感じで……。

ボディータッチはしてくるは、下ネタ振ってくるはで大変だったんです。

でも、そこで「周りの空気を悪くしてはいけない」と思ったので、上手に交わしながらニコニコしていたわけです。お酒がすすんできたところで「(デザートで出てきたりんごを)あ〜んって、やってあげてよ、アミちゃん」なんて、また誰かが促してき他ので、食べさせてあげたり。広い心で対応していたつもりだったんです。

1 2
浮気事件簿 アラフォー 貧困女子 婚活 セカンド 恋愛 アラサー 時短 キャリア 美人探偵 運勢 結婚 浮気 不倫 占い 恋愛講座 恋愛運 その1 アプリ 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。