コラム 【ホンキの彼活日記】なかなか好きな人ができない理由。37歳、WEBデザイナーさんとの2回目のデートへ〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

朝起きたら、デート相手の家に!?

その日も、朝目覚めたら知らない天井でした。前回ベンチャーさんとの地方デートで飲み過ぎて、シティホテルで目覚めた(地方デートの話はコチラ)ということがあったばかりなのに、またやらかしてしまったようです。ただし今回は記憶をごっそりなくしたわけではないですし、もちろん何かあったわけでもありません。

お相手は誰かというと、先月マッチングアプリで出会ったフリーランスのWEBデザイナーさん、37歳。(そのときの話はコチラ)見た目がタイプで、デートも手応えあり。初めてのデートで「いいかも!」と思っていた人でした。その彼と、連休中に2回目のデートへ行ってきたんです。

ここのところ、地方デートに行ったベンチャーさんとずっとLINEのやりとりをしていて(会ってはいない)。彼のことがものすごく気になっていたのですが、この日WEBデザイナーさんと2回目のデートをした結果、「彼も気になる……」となったんです。

彼と顔を合わせると、「やっぱり、この人いいかも」となる

もともとは「どこか行こうか?」って話をしていました。ピクニックなのか、動物園なのか、水族館なのか。でも当日まで決まらず、結局「とりあえず晩ご飯でも食べよっか」という話に。その日は、目黒駅で待ち合わせ。ベンチャーさんで頭の中がいっぱいだったので、よそ見しながらデートに行くような気持ちだったのですが、待ち合わせ場所にやってきた彼と顔を合わせると、「やっぱり、この人いいかも」と思ってしまいました。

「ごめんごめん、待った?」と5分くらい遅れてやってきた彼は、ニッコリ笑っていて。それは1回目のデートで感じた「平和な雰囲気」そのもの。そこに改めて惹かれてしまったようです。

特にお店などの予約もしておらず「何食べよっかー」というところからデートがスタート。彼は目黒界隈でよくご飯を食べることが多いらしく、色々知っている様子でした。

「焼き鳥屋さんで美味しいところあるけど、イタリアンとかの方がいい? あ、お好み焼きもいいなぁ」と彼が言ったので、私が「お好み焼き食べたいなぁ」と言って、駅付近のお店に向かうことになりました。

1 2