コラム 【ホンキの彼活日記】失敗から学ぶ!30代のハイスペ合コンお作法とは?大手商社マンと4対4の飲み会へ〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

同年代の大手商社マンの男の子たちとの合コンへ

「30代女子のハイスペ合コン」が、先週の活動報告事項です。そのお誘いは、同い年の元港区女子からでした。この元港区女子は、昔から知っているんですが、ほぼ男性のいる場でしか会ったことがありません。そして、いつも「すごいなぁ」と感心させられるのが、合コン相手の“懐レベル”が下がらないこと。33歳になった今でも、基本的に金持ち相手の話しか持ってこないんです。このときのお相手も、同年代の大手商社マンの男の子たちでした。

30代女子のハイスペ合コン。20代と何が違う?

ただし、33歳にもなれば、そりゃ20代の頃と様子が変わってくるところも色々あります。何が違うかって、直近の合コンも含めて考えてみると、主に3つ。まず女子は、見た目にプラスして何かないと誘われない。例えば大企業に勤めてるとか、ちょっとメディアに出ているとか、女の子だけど弁護士、医者のようなわかりやすい職業だとか。これは、やはり合コン市場においても「若さ」に、とてつもない価値があるってことなんだと思います。

つまり、若さ以上の“何か”がないとっていう、幹事のジャッジが入ります(本人も無意識にやっているんだと思うのですが)。実際、このときの合コン中、その元港区女子の子が、「◯◯ちゃんは、歯医者さんやっててー」「◯◯ちゃんは◯◯(大手製薬会社)で、バリバリ働いてて」なんて、言葉が飛び交ってました。

あらゆる“合コンのお決まり”は基本省略される

そして2つ目。あらゆる“合コンのお決まり”は基本省略。ひとりひとりフォーカスされる大げさな自己紹介だったり、女子同士の露骨な褒め合いだったり。あと20代の合コン女子によく見られた「お嬢様プレイ」的なものも消滅します。

自分の男性経験や遊び経験値などをひた隠ししていたのが、いざ30代になると「30代でそれじゃ、おかしいでしょ!」となり、みんな無意識に切り替えています。無駄に過去の武勇伝を語るようなことはしませんが、「昔は、よく西麻布で朝まで飲んでたよね〜」と開き直る。確かに冷静に30歳過ぎて、カマトトぶるのって痛々しく思います。そして本物のカマトトだったとしても、それに価値があるのかも謎。となると「猫をかぶらない」っていうのが賢明ですよね。

1 2