【ホンキの彼活日記】“身の程知らず”……な高望み女子が結婚できた理由!タワマン在住の投資家37歳に聞いた本当にイタイ婚活女子について~その2~

【ホンキの彼活日記】“身の程知らず”……な高望み女子が結婚できた理由!タワマン在住の投資家37歳に聞いた本当にイタイ婚活女子について~その2~

 こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活中! 

 先日、ご飯に行ったのは、総資産が億を超えるタワマン在住の37歳の投資家くん。その彼から聞いたショッキングなニュースが、性格も悪く、高望みのたこ焼きちゃんが、最近弁護士と結婚したということ。周りから「高望み」と言われていた彼女が結婚できたのはなぜ?~その1~はコチラ

“枝葉を見据えた付き合い”を徹底していたのが勝因

「“枝葉を見据えた付き合い”を徹底していたところかな、と俺は思うよ」

投資家くんは、まずたこ焼きちゃんが結婚できた勝因をこう分析していました。

「とにかく1個1個、目の前の縁を大事にするっていうか、その先の枝葉となる縁までしっかり見据えて、行動してたと思うんだよね。その男性がダメでも、その男性の友人はどうか?とか。“この合コン外れ”って思っても、とりあえず全員にきっちり連絡してたしね。それで何年も探し続けた成果なんじゃないかな」

なるほど。思い返せば、確かに昔からそうだったことを思い出しました。

「でも全員に連絡するって、中にはそういうのダメって男性もいるんじゃない? 合コン慣れし過ぎているというか」

「もちろん、そうなんだけど、彼女はとにかく“数打てば当たる”って、戦法だったからダメな人はダメでいいって、割り切っていたんだと思うよ」

ちなみに、結婚した弁護士というのは、投資家くんの合コンで知り合った人の知り合いの知り合いの学生時代の同級生とかなんとか。

「まぁ、あそこまで行かずとも、でもやっぱり縁を大事にして、中長期視点で付き合いをしようとする姿勢が大事なのかもね」

なるほど。

彼女は「高望み」でも、イタイ婚活女子ではなかった!?

「あと、彼女は30代によく見る“イタイ婚活女子”とは少し違っていた気がしてて」

むむ、それは一体どういうことなんだろうか?

「でも一般的には“高望み”がイタイ婚活女子って言われてない?」と私が聞くと、「それもそうなんだけど、俺が最近見かける“イタイ婚活女子”って、高望みとかじゃなく、もっと本質的な問題な気がしてて」と投資家くん。

ここについて詳しく話を聞いてみると、こういうことでした。

20代の頃、チヤホヤされて、それを30代でも求めてしまう人はイタイというのは、よく聞く話。逆に自虐に走る人もいるけど、それも程度が過ぎると、やっぱり惨めに見えるし、反応に困るしイタイ。そして彼が最近、よく見かけるのは、20代の頃それなりにチヤホヤされてきた女性が、30代になったからといって「もうチヤホヤされる年齢ではない」と、変に男性に対してへりくだり過ぎている様子……こういう女性は、見た目がそれなりにキレイでも、なんだかアンバランスに見えて「空回りしている」ように感じるのだそうです。

“自分が魅力的”であるということを、いかに納得感あるロジックで売るか?

「要は30代で、売れていない(結婚できていない)けど、“自分が魅力的”であるということを、いかに納得感あるロジックで売るか?ってことがポイントだと思うんだよね。そこが本気で考えられてないと“イタイ婚活女子”に見える気がする」

投資家くんの考えでは、ベースとして30代の女性が男性から求められるのは、見た目とかではなく「人間力」。仕事など何かを頑張ってて、人の幸せも考えられるほどの余裕もあって、生活もそれなりにしっかりしている。「自立した女性として、どれだけ中身があるのか?」というのが、無意識の判断ポイントになっているのだそう。だからこそ、「結婚していない自分を、いかに魅力的であるか?(人間力があるか?)を違和感なく上手にアピールする」のが重要だといいます。

さきほどの「へりくだり過ぎ」という風に見えてしまうのは、この「人間力」が欠けているということにもつながるし、要は「自分マーケティング」が、しっかりできていないから、男性側としても違和感を覚えてしまうのかもしれない、とも語っていました。本当は「謙虚」とか「気遣いができる」という風に見えてもいいはずです。

1 2
金運 不倫 美人探偵 アラサー 恋愛講座 キャリア 貧困女子 婚活 アラフォー 恋愛 運勢 セカンド 結婚 アプリ その1 浮気事件簿 占い 浮気 仕事運 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。