【ホンキの彼活日記】「結婚式に行きたくない……」33歳独身で婚活中ならなおさら!と思っていたけれど〜その2〜

【ホンキの彼活日記】「結婚式に行きたくない……」33歳独身で婚活中ならなおさら!と思っていたけれど〜その2〜

 こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活中! 

結婚式に行きたくない……と長年思っていましたが、7年ぶりに仲良しの友達の結婚式に重い足取りで出席したところ、心境に変化が……。また結婚した友達は、仲間内でもダントツに「モテる子」。近い距離の友達ながらも、その子を「改めて素敵」と思えた理由とは?〜その1はコチラ

とにかくモテるモテ子ちゃん

この結婚した彼女、どれくらいモテるかというと、私が過去に主催した合コンが100個あったとすると、彼女が一番モテる会がほぼ100パーセント。見た目は、カトパン似です。ただし、いわゆるモテテクを駆使するタイプでもなければ、天然でモテるタイプでもなく、見た目は可愛いで間違いないのですが、編集ライター目線でいうとモデルやタレント並みでもないんです。鉄板と言われるアナウンサーみたいな服装をしているか?と言われると、そんな服装も見たことがなく、いつも“今っぽい”服装をしています。

でも、某有名企業の社長さんやスポーツ選手、芸能人などなど、いろんな人から求愛されているのを見てきました。仲間内で彼女は、なんでモテるんだろう?っていう話になったとき、

「誰にでもムラのない笑顔を向けられる」と、付き合いの長いとある男性が言っていました。見た目が可愛いのはもちろんなのですが、その上、接してる男性からすると「自然な好意」を感じるのだそうで。それで彼女が気になってしまう理由。小柄で顔も小さくて胸もある……という羨ましい体型も、その要因かもしれません。

センスがいい結婚式だった

そんな彼女の結婚式は「センスの良さ」が印象的でした。7年間も結婚式に行っていないので説得力がないかもしれませんが空間、ディナー、引き出物、2次会のビンゴの景品からプチギフトまで、具体的に何だったのかは割愛しますが、「何が一番喜んでもらえるか?」というのが、今っぽく考えられていました。

そしてウエディングドレスからお色直しのドレスまで、それはそれは素敵だったのですが、どちらかというと控えめな印象。もっと華やかな色を使ったド派手なものが似合うと、勝手に思っていたのですが、どちらかというとシンプルで大人っぽいものでした。

結婚式の前に「自分自分って感じではなく、みんなに喜んでもらえるものがいい」とは言っていたのですが、その通りに。昔、同じことを言っている人がいて。結婚パーティーだったのですが、「ここで新しい出会いが生まれて欲しいから」と、入り口で「独身」「既婚」でバッチみたいなものをつける、という演出があったんですけど、「これは、ちょっと……」と思ったことがありました。(しかも30歳くらいで、そんな若くもないときです)

気持ちはありがたいんですけどね。当時はそこまで「結婚」を意識していなかったので、気にしなかったのですが、今やられたら最悪です。そして、もしそのときに、「独身」をネガティブに捉えている人がいたら?と考えると心が痛みます。もちろん、当人たちは良かれと思ってやっていること、悪く言ってはいけないのですが、でもこういうのって、全て「センス」だと思うんですよね。

1 2
金運 派遣 貧困女子 不倫 婚活 派遣女子 アラサー 恋愛講座 セカンド iPhone 浮気事件簿 恋愛 恋愛運 時短 結婚 運勢 アプリ 占い 美人探偵 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!