コラム 【ホンキの彼活日記】軽い男性不信をどう乗り越えるか? アプリで知り合ったシナリオライターさん36歳と初対面デートへ〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

軽い男性不信に……

“36歳。都内でシナリオライターお仕事しています。仕事ばかりしていたら、気づけばこんな年齢になってしまいました。良きパートナーに出会えたら、と思って登録しました”

マッチングアプリでマッチングした、とある男性のプロフィールです。このあと、さらに詳しくどんな仕事をしているのか?自分はどういう人間なのか?が書いてあったのですが、文章から感じる誠実さが好印象でした。仕事はシナリオライターで36歳、世田谷区在住、早稲田大学卒、しかも年収1000万超えのハイスペック男性です。ただし、プロフィールに載せている写真を見ると、どちらかというと体育会系? ボクサー? 格闘家? 男臭い雰囲気です。

見た目はイケメンではないですが、なんとなく面白そうな人だなと感じたのがファーストインプレッション。そして、それは見事当たっていて、この人と実際に会うことに。それが先週のできごとでした。

でも、思わぬ問題が……。それは先日、友人のA子の彼氏が妻子持ちということが発覚。とんでもない悪質男だった…という話に加えて、私の周りにも独身を装う既婚者男性がひとりいたことが明らかになり、ショックな展開に。少し男性不信になっているのが本当のところでした……。(前回の話はコチラ

当事者だったA子に比べたら、私なんて本当に軽度中の軽度。でも、男性がみんなウソつきにも見えてくるし、みんな悪質男に見えてくる……。

“私の会社の人でさぁ。結婚しているのに「仕事が忙し過ぎて、気づいたらこんな年齢に、良いパートナーを求めています」ってプロフィール欄に書いて、遊んでいる人いるよ”

と、友達にもアラートを出されました。考えてみたら、A子の悪質男も確かアプリで出会った人。ますます悪い妄想が膨らみます。警戒心は募るばかりで、デートに行くのがコワイ!となっていました。

身動きがとれなかったので、マッチングアプリで「種まき」

デートがどうだったか?の話をする前に、今回使ったアプリについて、ちょっと説明を。

以前、「先にデートの日」をマッチングさせるアプリが効率的でいい!という話をしましたが(そのときの話はコチラ)、今回使ったアプリは、メールのやりとりから始まるスタンダードな某有名マッチングアプリでした。

先に会ってしまった方が白黒はっきりつくし、話が早いと思っていたのですが、メッセージのやりとりから始まるアプリは、「誰とも会う時間がない!」というときに有効。いつでもどこでも「種まき」ができるので、これはこれで使い勝手がいいことに気がつきました。

7月の半ばくらいだったか、仕事が立て込んで「人と会えないから、恋愛の進展がない……」というときがあったのです。そのときに、昔登録したアプリを思い出し、再度使ってみることにしたのです。身動きがとれなくても、できることをしよう、と。

ちなみに見返してみると、冒頭のシナリオライターさんとマッチングしてからデートに行くことになったのは約1か月後。メールのやり取りは、3日おきだったり、1日おきだったりと、2人とも即レス体質じゃないものの、1回1回の文章が長めで、会うまでに約10回やり取りしました。

このとき同時進行で6人くらいマッチングして、メッセージのやり取りをしていたのですが、会話が続いたのは、この人だけ。「進行に違和感がないかどうか?」は、重要な見極めポイントな気がします。

1 2