コラム 【ホンキの彼活日記】ハイスペック男子を攻略するのに必要なものって!?高学歴・高収入・イケメン・真面目なハイスペくん35歳とのこと〜その1〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

慶應大学・経営コンサルタント・35歳・イケメンな彼から……

「電話していい?」

と、LINEで彼に言われたときに、彼のアプローチは本気なのでは?と思いました。今回は、ハイスペックで意識高い系の人たちが集まったバーベキューで出会った男性(そのときの話はコチラ)のお話。あだ名は、そのまんまハイスペさん。なぜならこの方、学歴は慶應大学、職種は経営コンサルタント、年齢は35歳、おまけに顔が結構なイケメン。似てる芸能人、雰囲気は淵上泰史さん。というか「FOD」と「dTV」が配信しているドラマ『彼氏をローンで買いました』のハイスペック男子の役、コレがそっくりです。

ハイスペ男子の定義は人それぞれあるとは思うのですが、思いつく限りのところは備わっています。独身だということは、この会の幹事(信頼できる女性)にしっかり確認済み。ついでにチャラチャラ遊んでいる、みたいな悪評もないそう。

そんな男性が、このバーベキューの次の日に「今度、食事に行かない?」とLINEをくれたのです。ただ、なかなかタイミングが合わず、食事の約束は果たされないまま時が経つこと、約1か月。その間、彼は頻繁にLINEをくれていたので一応進行中?でした。やり取りは他愛もないことで、今日こんなことした、今ここにいる、このスタンプ可愛くない?みたいな、ちょっとカップルのような、やり取り。正直、私は完全に浮かれモードでした。

これって、意図的に意識したところの成果?

なぜ、私が舞い上がっていたかというと、それは彼がストレートに「タイプだ」と言ってくれたから。「よく笑うところがいい」とか「やわらかい雰囲気がいい」とか、「仕事頑張っている女性は好き」とか。彼にとってはハマるところがあったみたいなのです。ただの自慢話?というわけではもちろんなくて、ぜーんぶ、意図的に意識したところ。成果が出たということで、まずはそこから説明したいと思います。

この彼と出会ったとき、ちょうど仕事で作っていた企画が、ハイスペ男子100人に恋愛に関する本音調査をするという内容。彼らの本心を、なんのストッパーもなく聞き出す絶好のチャンスが訪れていたわけです。恋愛傾向・攻略法的なところもいくつか見出せたので、それを少しずつ意識していたのです。

1 2

Ranking

Information