コラム 【ホンキの彼活日記】ハイスペック男子を攻略するのに必要なものって!?高学歴・高収入・イケメン・真面目なハイスペくん35歳とのこと〜その2〜

 こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活中! 
 

学歴は慶應大学、職種は経営コンサルタント、年齢は35歳、おまけに顔がイケメン! そんなハイスペさんとのやりとりが続いていたここ最近。なかなか会える日が調整できず、彼からの「電話していい?」のLINEで長電話することに。いろいろ話した結果、やはり彼の理想はとっても高そう……ということがよくわかりました。〜その1〜はコチラ

長電話にドキドキ……

まだデートもしていない人との長電話。新鮮な気持ちでいっぱいです。話したことといえば、“お互いのことを知る”みたいな流れで「どんな子が好き? どんな子が嫌い? どんな人と付き合ってきたの?」みたいなこと。てか、こんな展開はは滅多にありません。ちょっとドキドキしてしまいました。

ただし、そのドキドキがだんだん、「この人、付き合ったら大変そうだな」に変わるのに、時間はかかりませんでした。

自由を愛するかまってちゃん

話していて思ったのは、彼は女性の扱いがそこまで慣れていないということでした。なぜなら、聞き下手だったから(笑)。どちらかというと、周りにチャラチャラした遊び人の男性も多かったからなのか? 彼の会話は、女性用に作られたものではありませんでした。でも、それもそのはず。彼みたいな人は、黙っていても女性から寄ってくるはず。「女性を楽しませよう」っていう努力は、普通の人の半分でいいのだと思います。

どちらかというと話を聞いて欲しい感じで自己顕示欲なのか、承認欲求なのか「俺はこうだから」を強く感じました。

「基本的には自由人でいたいから、束縛とか無理だし、自分もしない」

とハイスペくん。私が取材した中でもこれを言う人はダントツに多かったんですが、同時に「かまってちゃんタイプ」でもあるのが特徴。ハイスペくんも、こうやって電話してきているのも、寂しかったのか?「かまってちゃん」に見えなくもない。自由が好きで縛られたくないけれど、かまって欲しいときだけかまってもらいたいように見えます。

1 2