【ホンキの彼活日記】結婚好条件ジレンマの乗り越え方!高学歴・高収入のイケメンハイスペさんを手放そうと思った理由〜その2〜

【ホンキの彼活日記】結婚好条件ジレンマの乗り越え方!高学歴・高収入のイケメンハイスペさんを手放そうと思った理由〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

学歴は慶應大学、職種は経営コンサルタント、年齢は35歳、おまけに結構なイケメン。結婚を考えたら条件はいい、だけど一緒にいて楽しくないし、なんか違うし、むしろストレス。でも、20代の頃みたいに「これがダメでも、次がある!」と気楽に思えないから、手放せない……。そんな気持ちに蹴りをつけるべく、なぜ彼を好きになれなか?を紐解くことにしました。〜その1〜はコチラ

 ハイスペだけど主体性がないおトノさま

私がハイスペさんに対して、イライラしている部分は、主体性がない、おトノさまのような態度です。

最初、熱いアプローチをしてくれたところまでは良かったのですが、そこから先が、やっぱり少しおかしかったんです。「タイプ」「会いたい」とは言うものの、考えてみたら「○日、空いてる?」と、具体的に誘ってくれたのは最初の食事だけ。あとは「会いたいなぁ」とは言うものの、「いついつ、会わない?」と、こちらから言うのを待っている感じ。この流れでスケジュール調整に話を移せばいいのに、その一手を踏んでこないから私が汲み取って「○日、会う?」という流れになるんです……。しかもどこに行くか、何をするかの計画性や提案もナシ。もちろん、こんなことぐらいで、無理!と思ったわけじゃないですが、この、そっちがしたいことなのに、人に委ねてくる感じの態度が多いんです。

電話をかけてくることもあるのですが、向こうから前のめり何か話をしてくるわけでもなく、こっちから何か話さなければならない雰囲気に。それならば、と私が何か話しても、反応が超薄い……。じゃあ、と彼に話題を振っても、彼の話はツマラナイし「で?」ってことも多く、なんだか私が悪いことしているような気持ちにさえなってきてします。気が合わないってことなのかもしれませんが、でも彼からは人を気遣ったり、人の気持ちを理解しようとする気持ちが1ミリも感じられません。悪気はないのかもしれませんが、「楽しませよう」「喜ばせよう」という気持ちがなく、どちらかというと「楽しませてくれないの?」という感じ。そんなのこっちだって戸惑いますよね。

言うても、彼はイケメンでハイスペック男子。ってことは、努力しなくても、若かりしき頃から女性と話す努力をしなくて済んだ人材、ってなると、女性とのコミュニケーションする力が圧倒的に欠如しているのも、まぁ納得することはできるんです。だから、そんなこと気にしない大人の包容力を持ってこそ、30代女性、とも思って、一応私なりに努力したつもりです。「内気なだけなのかも」「女心がわからないだけ?」とも思えば、まだ我慢はできました。

目線が高い彼の会話は一方通行……結果的に続かない

でも、「おトノさま」の表現の通り、彼の目線はとにかく高くて、いつも上の上から見下ろしてる感じ?と、そのプライドの高さがキングオブめんどくさい……。何か話をしていて、彼の意見を否定しようものなら、その話は彼の意見が正しいと認めるまで一生続きそうな感じです。

「ちょっと、仕事の人間関係がイヤでさ」と、私が愚痴をこぼしたときに「そんなの辞めればいい。仕事なんでまた入ってくるし、それを選べないなら、なぜフリーになったの?」と、自信たっぷりに言われたことがありました。

大企業の社員でかつ私の仕事内容もろくに理解してないくせに、よくも、まぁ、堂々と……と、もう何から突っ込んでいいのかわからず、本当に驚きました。「いや、でも辞めたら生活がさー」と私が言っても、「何言っても俺の意見は変わらないし、辞めれば?以上のことは出てこないよ」と彼。「いやさー、女性はさ、グダグダ言いたいときもあるんだよね。女心って、知ってる(笑)?」と、ちょっとふざけてみたのですが、「いや、それは知ってる。でも俺からしたら、だから?って感じ」となったので、会話が終了しました。

1 2
アプリ 美人探偵 運勢 浮気事件簿 セカンド その1 恋愛運 婚活 金運 不倫 貧困女子 アラフォー キャリア 時短 占い 浮気 結婚 恋愛講座 恋愛 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。