【ホンキの彼活日記】付き合っていた彼が既婚者だった時、すぐにやるべき3つのこと。悪質男さん31歳に慰謝料請求150万〜その2〜

【ホンキの彼活日記】付き合っていた彼が既婚者だった時、すぐにやるべき3つのこと。悪質男さん31歳に慰謝料請求150万〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

〜その1〜では、付き合っていた彼が既婚者だったらやるべきこととして、既婚なのに独身と嘘つく男はクズの小物だと理解するという話と、自分を責めることをすぐに禁止するという2つのことを紹介。そして最後のひとつは、弁護士に相談する、ということ。2年間も付き合っていた彼が妻子持ちだったA子が、独身と偽った彼に代償を払ってもらうべく、行動しました。~その1〜はコチラ

【すぐにやるべきこと3】弁護士さんに相談してみる

不倫をしたら逆に慰謝料を請求されるイメージがあるけど……

彼への復讐を誓ったA子は、男女トラブルの弁護士さんに相談に行ったのですが、そこでわかったのが、この悪質男さんのケースは「貞操権の侵害」にあたり、それによる慰謝料を彼に請求できる可能性があるということでした。

「貞操権の侵害」とは、独身と嘘をつき交際して肉体関係をもつことを表す法律用語。不倫がバレたら「うちの旦那に手を出すなんて!」と奥さんが激怒して不倫相手の女性に慰謝料を請求する、というイメージが大きい(ドラマでもよく見かけます)ですし、私自身も彼への制裁として想像していたのは、奥さんにバラされたくない彼が手切れ金を払うようなこと(これもドラマでよく見かける)でした。

もちろんなんでもかんでも独身だと騙されたから慰謝料とれるよ!という話ではなく、弁護士さんと話した内容によると、今回のA子のケースでいうと相手の男性が悪質ということが明らかとの判断。ほとんどはLINEのやり取りに証拠ととなるものが残っていたことが大きかったのですが、何度A子が独身なのか確かめているにもかかわらず嘘をついていたり、結婚する気がないなら別れるというA子をしつこく追いかけたりするところなど、積極的に嘘をついているところに悪意が見られるというのがポイントでした。

もっとも強い証拠になるのが、結婚の約束をしていたり、結婚をほのめかすようなプレゼントがなかったか?というところになるらしいのですが、明確ではないものの「将来もし一緒に暮らしたら……」的なやり取りはあったそうです。

そして、明らかに既婚者だとわかる状態だったり、既婚者と発覚したあとも関係を続けていたり、A子自身に過失がないかどうかも大切らしいのですが、その点もクリア(既婚者だとわかった瞬間に終わりを告げていたので)。彼女は弁護士さんと話した結果、彼に慰謝料を請求することにしたのです。

1 2
貧困女子 恋愛講座 時短 運勢 セカンド アラフォー 恋愛 浮気 浮気事件簿 結婚 美人探偵 その1 アプリ 金運 キャリア アラサー 恋愛運 不倫 婚活 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。