コラム 【男子目線の婚活アプリ】恋人つくるのに必死すぎて、“好き”が何か分からなくなってないだろうか

彼女にLINEで振られ、マッチングアプリを再開した社会人27歳コバヤシ。アプリを再開して、そろそろ1年が経とうとしています。この間、それなりに多くの方々に出会ってきました。が、コラムを読んでくださっている方からすると、「まだコバヤシには彼女ができねーのか」と思っているんだろうなと察します。正直僕自身も焦ってました。やばい。しかし焦りに焦った結果、たどりついたのが「『好き』って……なんだっけ?」という境地。

これまでのお話はコチラ

今回は、「恋人づくりに必死すぎて、恋愛が何なのか分からなくなっていないか」というテーマで話していこうと思います。

4000人から選ばれた男

以前も話しましたが、こんな状態の僕をよそに友人オオモトはアプリを始めて2週間で彼女ができました。それだけなら喜ばしいニュースなんですが、調子に乗った彼はLINEでちょいちょいこちら側を煽ってくるのです。

「よう雑魚ども」「彼女とデートだから遊べないや笑」「今の彼女最高すぎて文句ない」

なんだこいつ。日々送られてくるヤツからのメッセージにイライラしてました。

「くそー、ぜったい俺だって彼女つくってやる!」

そう思いながらひたすらマッチングアプリにふけっていたある日、僕は自分の人生を変える1人の女性とマッチングします。

その女性は25歳OLのサヤさん(仮名)。共通点も多く、プロフィール文から伝わる人柄に好感を抱き、「いいね」を送った方でした。

サヤさんの注目すべきポイントは、なんといっても「いいね」をもらった男性の人数。その数、なんと4000です。

それもそのはず、彼女がアプリに載せている写真は、とんでもなく美人だったからです(「美人だったから『いいね』を送ったんじゃない」といっても信じてもらえないだろうが……)。

いいね数4000の美女サヤさんとマッチングしてしまう“モテない男代表”27歳コバヤシ。なぜ、いくらでも男から言い寄られそうな美女が僕とマッチングしてくれたのか?は謎でしたが、メッセージのやりとりをしてみると、とても話が合い、盛り上がりました。そして、そのままトントン拍子でサヤさんとデートまで行けることに。

アプリを始めたころの自分は、カーストの高い美女を前に緊張していました。しかし、アプリを通して多くの女性と2人で会うことに慣れていったため、今回はほとんど緊張しませんでした。女性への対応を学ぶことができるというのもアプリのメリットです。

サヤさんとはデートを重ねることができ、4回目で告白。OKを無事もらえました。

1 2