コラム 【男子目線の婚活】気になる人が2人現れたらどうすればいい?悩んだアラサー男の対処法

「直感」を大事に2人に会う

デート当日。まずは麻衣さんから。ランチとしてイタリアン料理を一緒に食べに行きました。

麻衣さんとは、やっぱり話していてとても楽しい。しかし、「直感」を大事にして考えてみると、「理想のタイプに近い」とはいえなんか違うような気も。ただ、「1回目で判断してしまうのは早いかもな」と思いつつ、麻衣さんと別れて里奈さんと会うため喫茶店に向かいました。

里奈さんとも、同様に楽しい時間を過ごせました。やっぱり一緒にいてとても居心地が良い。素の自分でいられる気がしましたし、麻衣さんより自分には里奈さんの方が合ってるんじゃないかなと思いました。

結末

ただ、ここでふいに思い出された女性がいました。以前付き合ったサヤさん(仮名)です。彼女とは、恋人づくりに必死すぎた僕が、いま考えるとホントに好きだったのか分からない状態で交際し、わずか1か月で別れました。

そのことを考えた時、「里奈さんと付き合って、ずっと交際を続けられると思うか。本当に俺は里奈さんのことをそこまで好きなのか?」と思えてきました。その結果、その日のデートでも、決断はできませんでした。

思わぬ形で結末が訪れたのは、その帰りのこと。里奈さんに「次またご飯行かない?」と聞くと、返ってきた答えは、「コバヤシくんのことは、友達だと思えるけど恋人とは思えない」というものでした。

僕は半年前、本気で好きになったユキノさん(仮名)にも、同じように言われたことがあります。その時は、そんなことを言われても諦めるなんてことできなかったので、「友達でもいいから、これで会えなくなるのは嫌です」と粘りました(まぁ結果としてはダメだったんですけど……)。

ただ、ユキノさんとは違い、里奈さんにはそこまでする気が起きませんでした。僕は素直に「分かった」と言い、帰途につきました。ちなみに、麻衣さんともLINEはその後途絶えています。

恋人選びはギャンブル?

タバヤシから言われた「おまえが逆に迷ってるってことは何か決定打に欠けてるんだろ」という言葉は、いま思うと確かにそうだったのかもしれません。タバヤシの言葉が的を得ていたというのは何かムカつきますが(笑)。

僕の場合は結局2人とも違ったというオチでしたが、クマガワに言われた「直感」というのも、なかなか難しいものがあります。その時は直感に従ってその選択をしたとしても、実は後になって、「あっちの人の方が良かったな」ということもあり得ます。

そんなことを考えていくと、最終的には結局ギャンブルなのかもしれませんね(笑)。恋人を選ぶときも、結婚を決めるときも。

とにかく、最終的には今回も彼女ができなかったコバヤシでした。僕に彼女ができるのは、果たしていつになるのか……。

恋人選びはギャンブル……かもしれません。

1 2