コラム あなたは大丈夫?男目線で感じる、女性がマッチングアプリで悪印象を与えてしまうこと10選

アラサーが近づく中、恋活と転職に励む社会人28歳コバヤシ。(これまでのお話はコチラ。)
今回は、マッチングアプリで無事彼女ができたコバヤシが「男性が女性にアプリでされると悪印象なこと」を伝えていきます。成功したポイントより失敗したポイントからの方が学ぶことは多いはず。女性側が持つ不満もあるでしょうが、ご容赦して(笑)、読んでもらえればと思います。

気づかぬうちに悪印象を持たれているかも…

トーク編

1.女性から質問がない

まずは、トーク編と題して説明していきたいと思います。上に挙げた「質問がない」という女性ですが、時々います。ほかにもトークする人が多くいるとか、相手にそこまで関心がないからということがあるかもしれませんが、ただ男性の質問に返答するのみ。女性側からは何も聞いてこずに、男性側だけ話を聞き続けるのは正直疲れてきます。付き合っても「ずっとこちらが奉仕し続けなきゃいけない感じなのかな」とも思ってしまいます。

2.短すぎる返答

こちらから何かを質問したときに、一言くらいしか返ってこないのも困ります。先ほどの「女性側から質問しない」のと同じで、段々どう対応していいか困ってきます。

3.早すぎる返答

これは、男性側に限った話ではないですが、こちらからメッセージを送ったとき、あまりに返事が早すぎると疲れてしまいます。マッチングアプリは、複数人とメッセージのやりとりをしているからです。やりとりしていく中で、ペースを合わせていくのがよいのではないでしょうか。

4.仕事の安定性に関する発言

結婚を目的にアプリをやっている人も一定数いると思います。ただ、単に仕事の内容を聞くだけならまだしも、「ちゃんと年収が安定しているような会社で働いているのか」とか「仕事の拘束時間が長すぎるのか」をあからさまに探るような質問は、男性にとって嫌です。もちろんですが、仮に年収が期待するほどじゃなかったり、終業時間がとても遅かったりすることに対する拒否的な発言も、付き合ってもいない立場ではなおさら発さない方がいいでしょう。僕自身、仕事で返事が深夜になったとき、「生活が合わない人だと思った」と言われて何だか嫌な気持ちになったことがあります。気になる人が一定数いることは理解しますが、辞めた方がいいでしょう。

5.多すぎる愚痴

仕事やプライベートに関する愚痴を聞くのは全然嫌ではないですし、イライラを共有すると関係が深まると思いますが、あまりにそれが多すぎたり言葉がきつかったりすると疲れます。ましてやインターネットで知り合ったばかりの関係なのに。「もっと仲のいい人にその話してくれよ」って気分になってしまいますね。

1 2