コラム イケメンで公務員、文武両道のハイスペック男。“完璧なプロフィール”にも弱点はあった!?

そんな「ぺき男」の弱点とは…?

実際、僕の周りの女友達の評判も上々でした。「イケメン」「デートプランに困らなそう」「一度会ってみたいと思う」。なんかいけすかない気がするのはきっと自分だけなんだろう…。

ただ、「コバヤシがこのプロフィールを見せてきたってことは、批判して欲しかったんでしょ?」と女友達のサキ(仮名)にはバレていたようで。僕の思いに応えて批判ポイントを教えてくれました。

その弱点とは、「完璧すぎる」ということ。あまりに趣味が広範囲にわたり、スペックの高すぎるプロフィールであるため、「嘘なんじゃないか」「遊んでるんじゃないか」と思われてしまうそう。“完璧なプロフィール”を目指すといっても、”完璧な人間”だとアピールする必要はないということですね。

正直な自分を書けば良い?

「女子に迎合しようと自分をアピールするからそう言われんだよ。自分と相性のいい人を見つけりゃ良いんだから、正直な自分を書けばいいだろ」

それから数日後、僕は、その話を男友達オオモト(仮名)に話しました。すると、

「いや、コバヤシそれは勘違いしてるぞ」

と思わぬ返事が。彼が言うには、

「一番重要なのは好きになってもらうことだから、少し盛ってでも相手の興味を引かなきゃいけない。だからいかに自分が素晴らしいかをプレゼンする必要があるんや」

とのこと。まぁ確かに就職試験のときも、自分を少し盛ってアピールしてたな…。

大事なのは、まず相手に「良いかも」と思ってもらうこと。そのフックに引っかかってもらわなければ、何も始まらない。メッセージのやりとりもご飯に行くこともできない。マッチングアプリは、数多くいる異性の中から相手を厳選しているのだから、まずはそこから周りのライバルに勝たなければならない、ということだと解釈しました。 

いや、それにしても厳しい戦いだなぁ…。毎月3000円くらい払ってるんだから、自動で自分に合う人とマッチングするシステムになってくんないかなぁ。そんな無駄な感想を抱いていた当時でした。

1 2