コラム そろそろ女性もマッチングアプリ有料化しませんか?

アラサーとなり、転職に励みながらマッチングアプリを続けている社会人28歳コバヤシのコラムです。

最近、アプリに対して特に思っていることがあります。それは、

「そろそろ女性もマッチングアプリ有料化しませんか?」ということ。

コロナ禍もあり、近年マッチングアプリを使う人もどんどん増えてきています。アプリで出会って付き合った、結婚したという話を色んな方面から聞くようになりました。女性が無料だったのは、インターネットでの出会いに警戒心を抱きやすい女性をアプリに呼び込むための策だったと思うのですが、これだけ女性が増えた今、今後は男性のためにもその方法はやめた方がいいんじゃないですか?

男性が多く払う文化、どう思いますか?

アプリ運営会社のビジネス

まず、日本で人気のマッチングアプリの料金表を見てみましょう。

Pairs:男性1カ月3590円、女性無料
Omiai:男性1カ月3980円、女性無料
タップル:男性1カ月3700円、女性無料
With:男性1カ月3600円、女性無料

大体が女性無料です。先ほども述べましたが、女性が無料の理由は、インターネットでの出会いに警戒心を抱きやすいということ、周りにバレるのが恥ずかしいという点があるからなのだと思われます。

マッチングアプリにおける男女のいいね数を比較するだけですぐに分かることですが、これらのアプリは男性の方が多いです。他にも多くのマッチングアプリがある中で、運営会社が多くの男性のニーズを満たし勝ち残っていくためには、他のアプリよりも自社のアプリに女性会員が多くいることが重要かと思います。そうすると、女性を無料にして多く来てもらった方がビジネス的には勝てることが背景にあるのでしょう。

1 2