コラム そろそろ女性もマッチングアプリ有料化しませんか?

真剣さがマッチングしてない

しかし、僕はこの風潮にクギを刺したいと思っています。というのは、女性が多く登録しているアプリほど男性に人気があるでしょうが、無料でできる手軽さがある分、女性の男性一人一人に対する扱いが軽くなり、結局男性側の不満につながると思うんです。

これだけ無料のマッチングアプリが多くあると、その分、女性は色んなアプリに手を出すことができ、より多くの異性と知り合うことができます。一方、男性が2つ以上手を出そうとすると、さっきの料金表をもとにすれば月7000円以上かかります。これでは、アプリに対する真剣さはどう考えても違ってくるでしょう。

出会いの場がいくら多いといっても、結局そこから次につながらなければ何の意味もありません。もっと女性が男性側に対して真剣に向き合い、男性が「多くの女性と出会えた」と次につながる可能性が広がれば、それだけ男性側の不満も少なくなってくるのではないでしょうか。

他のアプリが無料なのにうちだけ有料にしたら負けてしまうということはあるのかもしれませんが、それを上回る商法を編み出すことが重要ではないでしょうか。そもそも、マッチングアプリには多くの埋めるべき不足点がありますし……。そういう工夫が見られるアプリも最近出てきているように感じます。

男性が多くお金を払う文化

そもそも、一般的に見て特定の性別の人だけが多くのお金を払うというのは、このご時世においていまだ残る変な風潮ではないでしょうか。先日、女性の友人とマッチングアプリについて話し合っていたとき、女性が無料で男性が月3000円位かかるという話をしたら、「えっ、そうなの!?」と違和感を示していました。

海外のマッチングアプリを見てみると、男女同額のところも多く見られます。別に僕が使っているわけでもないし、宣伝のつもりは毛頭ありませんが、たとえば、世界的に人気となっているMatchやTinderなどがそうです。おそらくですが、日本とはジェンダーに対する考え方の違いが背景にあるのでしょう。

マッチングアプリに限った話ではなく、女性は無料、もしくは安い出会いビジネスは多くあるので、そういったところもどうなんだろうと個人的には思います(相席屋は初回30分男性1800円+10分延長650円、女性無料。街コンの相場は男性1回約8000円、女性2000円)。

と、ここまで書いてきましたが、これまで日本に根強くあった「男性が多く払うもの」という文化は、そろそろ変えていく必要があるのではないでしょうか。この文化が、人を傷つけていたり、男女の破局の原因につながったりする可能性があるとも思いますし。これを男の僕がいうというと「情けない」と言われてしまうのかもしれませんが、少なくとももっと議論しても良い話なのではないでしょうか。

恋活男子コラム、これまでのお話はコチラ

1 2

プロフィール

コバヤシ

東京出身、会社員29歳の男。七転八起で恋愛敗北記録を更新し続け、人生で一度も彼女ができないまま社会人4年目に。
出会いが無い荒波の社会人生活の中で「これならさすがに彼女ができるんじゃ?」と思い、友人に提案されたマッチングアプリを始めたが……。