コラム 一人称のゴリ押しに唖然…アラサー男がクリスマスイブの街コンで遭遇した人たち【後編】

年の暮れ、クリスマスイブの街コンに参加した29歳コバヤシ。まさに「29歳のクリスマス」という感じです(知らない人はググってください)。

1つ目のテーブルでは、勧誘がしつこかった女性とまさかの再会。続く2つ目のテーブルでは、一人称「あやっぴ」のゴリ押し女性に押され…。クリスマス街コン完結編です。【前編】はコチラ。

クリスマスイブに街コンに参加する人は、なかなかの個性派が多いよう。

ゴリゴリゴリゴリ

1つ目のテーブルをなんとかくぐりぬけ、2つ目のテーブルへ。「次はいい人がきてほしい…!」と切実に願っていましたが、そんなコバヤシの期待通りにはいきません。やべえ女に出くわしたからです。

街コンは、テーブルが変わると、まずおのおのが自己紹介するところから始まります。誰が最初にするか考える時間が面倒くさいので、僕はだいたい自分から手を挙げて自己紹介しています。「コバヤシといいます。趣味は映画鑑賞とバスケです」といった感じで。

その時も同じように、僕の自己紹介のあとに時計回りでどんどんしていきました。

「ケンタです。普段は営業しています。お酒を飲むのが好きです」
「山田です。休みの日はサッカーしてまーす」
「ハイ、あやっぴといいます!」

え、いまなんて?

聞こえてきた言葉に思わず耳を疑うコバヤシ。「あやっぴ」って言ったよないま。成人迎えて一人称名前なんかいアナタ…。しかも「ぴ」って…。

あやっぴはその名の通りぶっとんだキャラでした。乾杯の時も「カンパーーーイ!!」って超ハイテンション。男の話ひとつひとつにめちゃくちゃ食い気味で質問し、隣の女子と「ガハハ」(コバヤシにはそう聞こえた)と爆笑していました。

クリスマスイブの街コンについて友人に言われた「日にちも日にちだしガツガツしてそうなイメージ」「よくも悪くも、とても正直な人が多い気がする」をそのまま体現したような女性。僕は飲み会の場ではしゃべるほうですが、そのテーブルではめちゃくちゃ静かになりました。おかげで話しかけられずに済んだ。

1 2