【男子目線の婚活アプリ】なぜ26歳男性が、マッチングアプリを始めるに至ったか?~その1~

【男子目線の婚活アプリ】なぜ26歳男性が、マッチングアプリを始めるに至ったか?~その1~

はじめまして。僕は、東京出身の26歳。会社員のコバヤシといいます。このコラムは、読んだ人が「下には下がいるな(笑)」と安心し、ついでに参考材料の1つにでもなればと思い、彼女急募中の僕がマッチングアプリを通して感じたことや体験したことを書いていくものです。今回は、これまでの恋愛遍歴(?)とアプリを始めるに至った経緯を紹介していこうと思います。

僕は現在、仕事の異動で地方にいます。基本土日休みで、休みの日はバスケをしたり、行きつけの喫茶店で読書や勉強をしたりするという生活を送っています。最近はもっとファッションセンスを磨きたいと色々勉強中です。

入社当時は、自分の仕事の出来なさと厳しくて恐ろしい先輩達の指導のもと、ボロボロな感じでしたが、4年目になってそれなりに仕事も覚え、後輩もできました。まあそれでも仕事での悩みは色々と抱えてますが、自分の夢をかなえるため、精進の毎日を送っています。

そんな日々の中、ずーーーーっと心の底から願っている事があります。それは、「彼女」。もう一度言います。「彼女」です。

東京を離れ、現在初めての1人暮らしのまっただ中ですが、実家で暮らしていたときと比べて孤独感がハンパない。風邪を引いたときには、1人布団の中でひたすらユーチューブを見て熱が下がるのを待ち、誕生日はコンビニで買ってきたペコちゃんのほっぺで1人自分の誕生日を祝いました。バレンタインデーが何の日かは忘れました。年を重ねると色々と忘れやすくなるとか言うじゃないですか。

負けてばかりの人生

引かれるかもしれないことを承知で正直にいうと、人生26年、彼女のいない人生を送ってきました。小学生の時は、クラスメイトが余計なことをしたせいで、なぜか無実の僕が好きな女性も含めてクラスの女子から嫌がらせを受けるようになり(若干女性恐怖症に)、当然彼女なんてできる状況になく。中学生の時に好きになった女性にいざ告白しようとしたら、その前に好意がないことを告げられ。高校の時に好きになった子には、今考えると恥ずかしすぎて穴に埋まりたくなるぐらいのクソ過ぎるアプローチで、デートの許可すらもらえないという始末。大学の時の話まですると自分が余計惨めになってくるので、ここでは控えておきます(泣)。

1 2
占い 恋愛運 iPhone アラサー 貧困女子 美人探偵 浮気 セカンド 不倫 浮気事件簿 結婚 運勢 アプリ 占星学 金運 時短 アラフォー 恋愛 婚活 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。