コラム 【まゆ子の婚活奮闘記】デート前にPCR検査、デート後は自主隔離……。41歳の私に興味を持ってくれた36歳銀行員は究極の〇〇男~その1~

こんにちは、まゆ子です。コロナ禍で不安が多い毎日ですが、みなさんはお元気ですか? 

私はかなり疲れ気味。というのも、ここ半年、婚活が忙しくて倒れそうになっていました。なんとコロナ禍の半年で会った男性数21名。いや~がんばった! 成果はほとんどないけど(涙)。おかげで、婚活を始めて10年以上、お見合い相手は見事に170人を突破! 全く嬉しくない記録更新です。

※過去の壮絶な婚活人生はコチラでチェック!

さて前回、過去最高に衝撃的な男性と出会った弁理士Kさんとの話をしましたが(その衝撃の婚活話はこちら)、あれから私は目が覚めたのです。

ダラダラと1~2人ずつ連絡を取って、地道に婚活人生を続けていても埒が明かない! このコロナ禍では何をするにも進展が遅いし、41歳の私には時間がない! そう思い、1日でも若いうちに結婚したいという想いを胸に、死に物狂いでアプリ婚活を始めたのです。正直毎日アプリで誰かと連絡を取り合っていたし、週に3~4日男性と会っていました。多いときはデートを掛け持ちする日もあったり……。(注・緊急事態宣言前のお話です)

仕事がオンライン中心になったこともあり、通勤時間が浮いたと思って、その分婚活に時間を割くことができました。おかげで今までより見極め力も身に付き、ダメだと思ったらスパッと切り、次に行く! 気持ちの切り替えも早くなりました。

そして、その結果はというと・・・

どんなに一生懸命頑張っても、成果がすぐに出るものではないということですね。いい報告ができるまで、もう少し時間がかかりそう・・・とほほ。

とりあえず今、ある男性と交際を考えているので、そのお話はまた今度させてもらうとして、今日はコロナ禍ならではの癖が強い人とのお見合い話をご紹介しましょう。

ついに運命か⁉ 36歳高スペック銀行員がまさかの好反応

36歳銀行員のTさんは、子なしバツイチ。25歳で学生時代から付き合っていた彼女と結婚したものの3年で離婚。その後転勤で北海道に転勤。そこでの仕事が激務でなかなか恋愛もできず、気づくと36歳に。1年前に東京に戻ってきたもののコロナ禍で出会いは皆無。身長は170㎝、体型は細身、見た目は普通。

私が譲れないポイント「安定した職業」「子なし」「真面目」を満たし、見た目も普通(ここもポイント!)。少しメッセージのやり取りをした感じは誠実そうな雰囲気。これは貴重物件と見定めた私は早速会う約束を取り付けたのです。

『Tさん、まゆ子です。いつもメッセージありがとうございます。こんなコロナ禍ではありますが、今度ゆっくり会って話しませんか? まゆ子より』

何度も同じようなメッセージを送っているのに、毎回ドキドキしてしまうお誘いメール。私、積極的すぎるかな? まだ早かったかな? なんて思いながら、自分には時間がないという想いと葛藤しながらメールしてみたのです。すると送信後30分後に返信が来ました。

婚活サイト上でメッセージを送るとLINEやメールよりも返信が遅い。
1 2