コラム 【36歳女の婚活奮闘記】No.3「結婚は契約!? スペック100点なのに残念な男」編~その1~

こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上……ただいまも更新中。

今回紹介する婚活男子は、婚活を始めて2か月、そろそろガッカリすることにも慣れてきたころに出会った、衝撃のプライドが高すぎる男の話。いま思いだしただけでも腹が立ちます!! 

私が登録している相談所は、高学歴君が比較的多いことを売りにしていて、がんばれば「弁護士」や「医者」だけを狙った婚活だってできそうなくらい登録者が多いようです。もちろん、こちらが気に入ったところで、相手に気に入られなきゃ会えないわけですが……。

というのも、婚活市場では、30歳を過ぎると女性の価値はガタ落ち! 気持ちいほど「年齢」でスパッと断られるのです。それもそのはず、「なんであなたが登録しているの?」というくらいキレイな20代の女性がゴロゴロ。私から言わせれば「その若さと美貌があるなら、相談所なんかに登録しないで自分で探しなさい!」と言ってやりたいくらい!! 相談所にしか頼れない人だっているのに、まったく迷惑な話です!! ……と少々毒を吐きいましたが……確かに彼女たちからすれば、結婚適齢期に効率良くいい男をゲットしたいと思って登録しているのでしょうから、私の言い分なんて年増女のねたみにしか聞こえないかもしれませんけどね(涙)。

ちょっと話がそれましたが、とりあえず今回は珍しく、年齢でも切られず、顔も履歴書もパスし、しかも大変期待度大な案件でした。

そのエリート君こそYさん、34歳。ちょうど当時の私より3つ上なので、リードしてほしい私からすれば理想の年齢♪ 何度も期待を裏切られてきましたが、今度こそは! と希望を持ってしまいます。

0306konkatsu1

彼は見た目も中身もエリート君そのものでした(笑)。 ※写真はイメージです。

彼は都内の国立大学を卒業後、独学で法律を学び、弁護士試験に合格。まだ独立こそしていませんが、都内の大きな弁護士事務所で働くエリート弁護士でした。

今までの失敗を教訓に、今回は連絡を取るようになってからすぐには会わずにしばらくメールのやり取りをしました。私もちょうど仕事の展示会などが続き忙しかったのと、向こうも仕事が立て込んでいたので、会うタイミングがなかったというのもあります。でも、メールでやり取りをしていると、意外と人柄ってわかる気がしますよね! 彼はとても優しく、私が疲れてメールをすると、仕事の愚痴を聞いて励ましてくれるような人でした。メールのやり取りだけで1~2週間経ってしまったので、それはもう期待は膨らむばかり。将来は弁護士の妻かしら~♪ なんて夢を膨らませ、いざお見合い当日を迎えたのです。

1 2