コラム 【36歳女の婚活奮闘記】No.8「正直ウザい!! デートが単独トークライブになったテレビマン」編~その1~

こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。お見合いの回数をこなしていくうちに、だんだん自分のこともよくわかるようになってきました。自分とよく向き合うようになるので、正直就職活動よりも自己分析ができるんですよね~(笑)。でも就職よりもうまくいかないんですけど……。婚活って本当に難しい!

今回は私の18人目のお相手。よく言えばとても刺激的な人。最初は私も彼のことをスゴイ! と思っていたんですけど、でも接しているうちに「この人の言っていることって本当?」と思ってしまうような男性。一言でいえば、自慢男!! 

男性はEさん、34歳。最初は彼の方から会いたいと連絡をくれました。見た目は、ナイナイのやべっちを少しふっくらさせた感じかな。勤務先は地元のテレビ局。今まであまり華やかなお仕事をしている人は私には合わないかな~と思ってマスコミ系の人はお断りをしていたのですが、テレビ局の中でも地方なら派手ではなさそうだし、今は何より選り好みしている余裕はないので、ひとまず会ってみることに。履歴書を見る限り、それほどマスコミかぶれしていない感じだったし、体を動かすことが好きというところも◎。趣味がひとり旅というのもなかなか素敵だな~と思ったのです。

さっそくお見合いOKの返事をすると、1週間後に会うことに。場所は池袋にあるホテルのラウンジ。地方局に勤務ということで、住まいが少し遠くて、都内へは片道1時間半かかるというので、会う時間もお昼後の14時ごろになりました。

待ち合わせ場所に着くと、彼はスーツスタイルで手にはビジネスバッグを持っていました。私を見つけると、手を振って軽くお辞儀をして、「夕方から都内で仕事が入ってしまって……こんな姿で失礼~」とひと言。その姿を見て、私は「やっぱりテレビ局の人ってちょっとカッコイイ~」と思ってしまったのです(笑)

2f1947cc2e7637b2037a0ad2b4f82380_s

スーツ姿ってズルい…男の格をあげるものです(笑)。

1 2 3