コラム 【36歳女の婚活奮闘記】No.13 私を放置してゲーム仲間は待たせられないと言い放ったゲーマー男編 ~その2~

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。先日も破談になり、その人数は絶賛更新中(笑)。

今回の男性は、39人目のお見合い相手、Oさん。ゲーム業界で働く35歳の男性です。身長175㎝、学生時代にラグビーをやっていただけあって身体はがっちり。地方出身で次男というところも条件的には◎。なかなかの好印象で初回のデートを終え、いい雰囲気のまま2回目のデートをすることに。

※ここまでの内容(その1)はこちら

当時の私は32歳。私が理想だと思っている2~3歳年上の男性からのアプローチはそれほどなかったため、今回はかなり気合いが入ります。2回目のデートは、その日のラッキーアイテムだったワンピースを着て行くことに。先日購入したばかりの花柄ワンピースは、着るだけで背筋が伸び、気持ちが高まります♪

Oさんとの2回目のデートは、品川にある水族館に行くことになりました。

「まゆ子さん、こんにちは! 先日はありがとうございました。1回目のお見合いの時は時間が足りなかったので、今日は水族館を思いっきり楽しみましょう! もし時間があれば夕食も一緒に!」

Oさんの方も楽しみにしていてくれたようで、すごく期待のできるデートを味わえることに。婚活を始めて男性とのデートの回数はかなり多くなったのですが、それほど気持ちがのることはなく、ひさしぶりにドキドキもしていました(笑)。

「私、この水族館ははじめて! 品川にこんなにきちんとした水族館があったんですね。ちゃんとイルカのショーもあるし、動物と触れ合うコーナーもある!! いろいろ回りたいですね~」

彼は水族館をどうやって回るかも提案をしてくれて、きちんとリードしてくれました。ここも私の望み通り! ひと通り館内を回り、体験コーナーなどを楽しんだ後、最後にイルカのパフォーマンスを見ることに。私はひさしぶりのイルカショーに、写真を撮ったり、拍手をしたり、まるで子供のように興奮してしまいました。そんな気持ちを共感できているだろうとふとOさんを見ると、あれれ??

0515konkatsu1

デート中にスマホを長時間いじられるのって……やっぱりイヤかも。

彼、携帯に夢中に……

真剣な顔で携帯をいじっているので、何かあったのかと思ったのですが、とりあえずショーが楽しかったのでそのまま私はショーを楽しむことに。そしてショーが終了すると、

「楽しかったですね。ではそろそろご飯でも食べに行きますか?」と彼。

私は携帯に集中していた彼の顔が忘れられず、

「何かあったのですか? ずっと携帯をいじっていたから、アクシデントでも起きたかと……。仕事のトラブルとか、呼び出しとか??」

すると彼は照れたように笑い……

1 2 3