コラム 【36歳女の婚活奮闘記】No.24 婚活歴と共にハードルが上がってる!? ゴメン、私は生理的に受けつけなかった…男性たち編 ~その2~

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は120人以上。ついに結婚相談所も3件目。お見合い相手も70人を超え、がんばらなきゃ! という思いと、本当に婚活を続けていても結婚できるのだろうかという迷い……私の思いが迷走中です。

婚活を進めていくうちに、ふと自分でも今まで知らなかったこだわりの強さというものに気づくことがあります。私の場合、それが「ニオイ」。その1では、わきがの人のお話をしましたが、今回は香水のニオイが辛かった話。香水って本当に好みの問題だと思うのですが、やっぱりその香りを選ぶという時点で、その人との相性が決まる気がするのです。

※ここまでの話はコチラ

彼はMさん、39歳。お見合い相手、40人目くらいだったと思います。どこかの研究所にお勤めの、見た目にも真面目そうということがすぐわかるような方でした。でも彼、なんでそんなにつけるの? というくらい、甘い、バニラの香りがする香水を着けていたのです。

会った瞬間に「ウッ」と鼻をつくニオイ……。

話をしていくうちに、なぜか年齢の話になり、最近老けたと感じることについて話をしていました。初回のお見合いでなぜそんな話になったのかナゾだったのですが……。

「35歳を過ぎたころから、太りやすくなるし、頭の毛は薄くなるし、加齢臭も気になりだして……」

と言っていました。つまり自分の加齢臭が気になっていたんでしょうね。それを隠すための香水、そこまではエチケットとして、きちんとケアしている人なので高評価になると思うのですが、なぜその香水選んだのって感じです。

818f7d5fed4128880dc453895a482190_s

クールでセクシーな香りだとホストみたいだし、男性なのに甘い系は気持ち悪い……男性の香水って難しい!?


結局、なんでバニラの香りを選んだのかは聞けませんでした。でも彼、1回目のお見合いでスイーツを頼んだのです。本当に甘いモノが好きだったのでしょうね……。

普通は1回目のお見合いでは、コーヒーか紅茶といった定番のドリンクのみ。カフェオレやココアといった少し甘めのドリンクを頼む人はいましたが、スイーツを頼んだ人ははじめてでした。

「まゆ子さん、甘いモノお好きですか? よかったらケーキセットにしませんか?」

初対面のお見合い相手と、まさかケーキセットをいただくことになるなんて(笑)。

1 2 3