【36歳女の婚活奮闘記】No.26 あたたかい家庭を夢見るバツイチ38歳、71人目の彼には誰より大切な○○が!? ~その2~

【36歳女の婚活奮闘記】No.26 あたたかい家庭を夢見るバツイチ38歳、71人目の彼には誰より大切な○○が!? ~その2~

こんにちは。PR会社に勤めるまゆ子、36歳です。

婚活暦6年、結婚相談所の登録は3社目、出会った男性は120人を超えてしまった私。37歳までに結婚相手を見つけるべく、この夏、気持ちを切り替え、自分の理想を見直し。そして出会った71人目のお見合い相手は、バツイチ・子持ちのJさんでした。

※ここまでの話はこちら

5歳の娘さんとは別居していて、2か月に1回の面会だけ。だから、子持ちでも問題ないと思い、3回目のデートから交際をスタート。しかし付き合うことになってから、頻繁だった彼からの連絡は減少。仕事が忙しいとなかなか返信をしてくれなくなりました。

でもそれ以上に気になることが、やはり心配していた子供のことでした。

それは5回目のデート、ショッピングに行った時のこと。お互いに少し忙しい時期が重なり、10日ぶりの再会でした。私はひさしぶりにゆっくりデートができると思い、すごく楽しみにしていました。でも実は彼、翌日に娘とのデートを控えた日で、私とのデートよりもそちらばかりを気にしていました。

「今日は買いたいものがあって~、付き合ってもらえるかな?」

といって連れて行かれたのは、おもちゃ屋さん。最初は、おもちゃ屋さんなんて無縁の場所だったので、それはそれで楽しいと思っていたのですが、優柔不断な彼、なかなかプレゼントを見つけられず……。

「彼女はコレも好きだけど、やっぱりコレがいいかな~……コレも好きそうだ~」

と悩むこと30分。やっぱりもうひとつのおもちゃ屋さんも見たいと連れて行かれたところでも30分。そしてようやく1時間かけて携帯電話のおもちゃを購入。さあこれで私もデートが楽しめると思っていたら……。

「あ、もしもし? 買ったよ~プレゼント!」

と前妻からの電話。しかも何だかいろいろ報告があったようで、10分以上の長電話……ベンチで待たされていた私は、考えないようにしようと携帯をいじっていたのですが、やっぱり気になる電話の内容。

「子供の誕生日の相談かな?」「やっぱり娘ちゃんがすごく大事なんだな~」「前妻と復縁とかないのかな」……。

子供との関係がいいことはうれしいようで、ちょっと悲しいようで、複雑な気持ちになってしまいました。子供と会うということは、前の奥さんにも会うし、そこも心配。彼は一方的に別れを切り出されたのだから、気持ちはまだ残っているのかもな~とか、思い浮かぶのは、不安になることことばかり。いつの間にか、彼のことがかなり気になる存在になっていたのです。

「ごめんごめん、娘がいまちょっと難しい時期で、相談にのっていたんだ。明日会うからそのときの対応も含めてね! 本当ごめん……そしてとっても悪いんだけど、もう1件付き合って欲しくて……」

といって連れて行かれたのは、子供服売り場。

「ピアノの発表会があって、ママが買ってきたドレスが気に入らないからパパに買ってきて欲しいって言われて。お店もサイズも決まっているからいいかな?」

「もちろん! 子供服売り場なんてもう何年も行っていないから楽しみ(笑)」

なんて答えたものの、かなり複雑な気持ちが残り……「当たり前だけどもうパパなんだよね」と思うと、急に住む世界が違う気がしてしまったのです。そして極めつけに……。

モヤモヤが止まらなくなってしまう

1 2 3
結婚 アラフォー iPhone 婚活 貧困女子 アラサー 派遣 恋愛 CITRUS レシピ 美人探偵 金運 デート 浮気事件簿 ダイエット 占い アプリ 時短 仕事 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!