【婚活のプロに直撃!】婚活で1度は会えるのに続かない人の特徴は、面接型と〇〇型!

婚活のプロに直撃!】婚活で1度は会えるのに続かない人の特徴は面接型と〇〇型!

アラサーの、いや未婚女性の永遠のテーマである“婚活”。どうしたら男性に「この人と結婚したい!」と思ってもらえるのか?婚活のプロに直撃した今連載は今回が最終回!全国56店舗を構える結婚相談所『ツヴァイ』のマリッジコンサルタントの副島(そえじま)さんと営業サポート部の福島さんに、今の結婚相談所に通う男女の特徴について、リアルな現状を赤裸々に語っていただきました。

第1弾「結婚したければ、◯◯の姿勢をもつこと!」はこちら
第2弾「結婚まで結び付かないのは自分を客観的に見られない〇〇な人」はこちら
第3弾「リアルなアラサーの婚活市場!マッチング率を上げるには〇〇層を狙え!」はこちら

男女付き合いで最も必要なのは、言葉のキャッチボール!

今までお話を伺って、ツヴァイさんでは最初にマッチングしたお相手と会う機会を作るまでが大変なんだと感じました。では、お互いが気に入れば会うのはスムーズにいくものですか?

副島さん「プロフィールを交換しただけの方といきなり連絡を取り合うのはハードルが高いと思われる方が多く、最初の出会いは、自分から連絡するのを躊躇する方がいらっしゃいます。まあ、その行為をスムーズに行なえる方は、普段の生活の中でもお相手を見つけられる人かもしれませんね。当社には出会いのセッティングというサポートがあります、そのセッティングをご利用いただく率が年々増えていますね。セッティングの内容は、まずスタッフがお2人にそれぞれ連絡して会う日を調整します。お見合い当日は店舗でスタッフの紹介後30分ほどおしゃべりしてもらって、その後は2人で出かけてもらうというサポートです。若者の交際経験が減っていたり、仕事が忙しかったり、このようなサポートを必要とされる方が増えている印象です

では最初に会えた後、2回目、3回目に続かない人はどんなタイプが多いですか?

福島さん「多くいらっしゃるのは2つのタイプです。相手に対して質問ばかりしてしまう、面接型のタイプと自分の話ばかりになる自分型です。面接型は1対1で『家族の構成は?』とか、『後々の家庭のビジョンは?』など、会話どうこうではなく、とにかく相手のタイプを早く知ろうとするタイプです。このようなタイプは2回目にはなかなか進展しません。もう1つの自分型は、どうしても短い時間で自分のことを理解してもらおうとするので、自分の話ばかりになってしまうんですそんな姿に相手の方が引いてしまうことも多いのですが、引けば引くほど、もっと知ってもらわなければと語ってしまうんです。どちらのタイプにも共通するんですが、言葉のキャッチボールができないと、なかなか次とはならないですね

e7f3df9e485cb0e04a3d6fedb3dd2cb7_s

婚活は就活とは異なるため、面接型コミュニケーションは先に進まない。

 

女性は面接型でも、男性と違い質問は偏りが見えるそうで……。

1 2
レシピ 仕事 貧困女子 派遣 恋愛 占い iPhone ダイエット アプリ 浮気事件簿 恋愛講座 時短 派遣女子 美人探偵 結婚 CITRUS 金運 アラフォー 婚活 アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!