【オレ流恋愛メソッド】いよいよ同棲!業者の人に聞いた、物件選びのおすすめポイント〜その2〜

【オレ流恋愛メソッド】いよいよ同棲!業者の人に聞いた、物件選びのおすすめポイント〜その2〜

今回の恋愛メソッドでは、同棲生活のスタートに焦点をあてて、新生活を始める男女を取り巻く悲喜交々を追っています。前編では、不動産業者の体験談から、2人で暮らし始めるための物件を探しにきた男女の王道パターンを紹介しました。やはり、同棲という「新たな生活」を始めるには、物件も新しく探すことがオススメとのこと。どちらかの部屋に転がり込んだとしても、余程の間取りでない限りは一人暮らし用に最適化されているため、2人では住みにくいそうです。新しい物件を探すとなると、「立地」「家賃」「間取り」が複雑に絡み合うそうですが、まずは2人で出し合える予算で家賃を決めるのが物件探しの第一歩とのこと。~その1~はコチラ

家賃の次の条件が決まればあとは残りのピースを埋めるだけ

家賃が決まれば、あとは立地と間取り。どちらも家賃に大きく影響しますが、双方とも優先してしまうと予算オーバーになりかねません。通勤に便利な立地を重視するのか、ゆったりとした間取りを選ぶかは、2人のライフスタイルで決めるべきです。ただし、前出の不動産業者が言うにはいくつかポイントがあるようです。

「主要駅からタクシー圏内」が女性を守る

まず、立地。駅に近い遠いもありますが、ターミナル駅からタクシー圏内かどうかというのも重要だそうで、特に働く女性は残業や飲み会で遅くなったときに、泣きの一手として「タクる」ことを、防犯的な意味からも考慮しなければならないそうです。タクシー圏内の目安は深夜料金で3000円台。渋谷や新宿といった巨大ターミナル駅からタクシー圏内ともなると、かなりの好立地になるため家賃も高騰しそうですが、そこまでの駅でなくともなるべく終電が遅くまで運行しているなど、裏技的なテクニックはいくらでもありそうです。

寝室が別は本当におすすめしない

これは本当によく聞きますね。結婚生活25年のとあるベテラン芸能人元夫婦に「離婚の原因は?」と質問して「別々の寝室がよくなかった」とコメントしたのは今でも印象に残っています。前出の不動産業者曰く、ベッドは別でもいいので部屋は同じにすべきだと強調します。でも、一緒にいたくて同棲を始めるのだから、最初から別々に寝るなんて寂しくないですかね?

1 2
アプリ 不倫 アラサー 結婚 浮気事件簿 貧困女子 占い 金運 恋愛運 恋愛講座 運勢 アラフォー 時短 美人探偵 その1 恋愛 セカンド キャリア 婚活 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。