【オレ流恋愛メソッド】「自分の子供が欲しい」と離婚を切りだした、磯野貴理子の元旦那の気持ちを考える〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】「自分の子供が欲しい」と離婚を切りだした、磯野貴理子の元旦那の気持ちを考える〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

先日、テレビの番組上で離婚することをセンセーショナルに発表したタレントの磯野貴理子さん。離婚した夫に「自分の子供が欲しい」と言われて承諾したそうです。磯野さんは結婚当時、48歳。すでに高齢出産とされる年齢に達しており、出産自体のリスクが高い年齢となっていました。一般的な考えからすると出産は諦めざるを得ない年齢でしょう。

一方、元旦那は結婚時24歳。成人しているとはいえ、世間じゃまだまだ「ガキ」の範疇。よほど将来を見据えた考え方や生き方をしていない限り、自分が子供を育てている具他的なビジョンは持てない年齢です。24歳も年上の女性と結婚する時点で、それは明らか。かといって、その年齢で結婚したいほどの人が目の前に現れ、すでにアラフィフだから出産は難しいだろうから結婚はあきらめようという夢のないことを言わないのも「ガキ」のまたいいところでもあります。

最も人間的に経験値を積み成長するのが20代

元旦那は、磯野さんと結婚してから7年もの間、歳の差婚とはいえ円満な夫婦生活を送ってきたと言われています。もちろん、ケンカや揉め事はあったと思いますが、普通に考えて、自分の倍もある年齢の人と、対等な夫婦関係が続けられるなんて、なかなかの愛情ではないでしょうか。

ところが、女性だけでなく男性にとっても20代というは人間的な成長期。自分で金を稼ぐようになり、その過程で色々な人に出会い、様々な考えに触れ、自分の思い描いていた未来像も変化していきます。筆者の経験上、人生の中で20代~30代が最も顕著な時期だと思います。そんな成長期を磯野さんと夫婦関係にありながら過ごした元旦那。一方、磯野さんは大きく歳が離れた年下の旦那と結婚するくらいの夢見る乙女心は残しつつも、女性としても人間としても成熟した年齢であり、他人の考え方や生き様に影響を受けにくいほど経験値が高まっていたはず。そこに2人の考えにズレが生じてきてきました。

結婚当初は、元旦那にとって24歳も年上で、ある意味「おばさん」である磯野さんに大人の女性の魅力や母性のようなものを感じていたのかも知れません。もちろん1人の女性として愛してもいたのでしょう。元旦那は、20代真っ盛りという多感な中で、次第に自分の気持ちで変化が起こり始めたと想像できます。その中で、「自分の子供が欲しい」と感じるようになったのは、仕方の無いことだと筆者は強く思います。

1 2
アラフォー 恋愛 恋愛運 キャリア その1 恋愛講座 婚活 美人探偵 浮気事件簿 占い アプリ 時短 セカンド 運勢 浮気 貧困女子 アラサー 不倫 結婚 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。