【オレ流恋愛メソッド】「守られたい」のであれば「相手を守れる自分」でいないとダメな理由〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】「守られたい」のであれば「相手を守れる自分」でいないとダメな理由〜その1〜

「相手を守れる自分」でいないとダメ、とはどういう意味か?

 さて、前置きが長くなりましたが、本題に切り込んでみたいと思います。一口に皆さんが「守って欲しい」と思うことって色々な局面があると思います。肉体的に、精神的に、金銭的になどなど。もっとも身近なのが「精神的に支えて欲しい」と思うことではないでしょうか。例えば、職場での愚痴もそうですし、失恋やキャリアの選択に迷ったときなど、誰かに優しい言葉をかけてもらったり、元気づけてもらうだけでも違うものですよね。特にその相手が、恋人だったり結婚相手だったりすると、「守られてる感」も倍増するというものです。金銭的に「守られたい」というケースもあると思いますが、昨今の婚活市場ではよほどの玉の輿ケースでもない限り、収入格差のあるパートナーは稀なようです。

しかし、いつも誰かを頼ってばかりいるだけでは、一方的に守られている人です。それでは「不平等だ」とか、「一方的だ」とかいう正論をここで展開するつもりはありません。確かにそういう要素も含んでいるとは思いますが、本記事の言いたいこととはかけ離れてしまうため、その話題について、ここでは回避します。

では、なにが言いたいか。「自分を守って欲しいならば、その守ってくれる人を自分が守ってあげられないと、いざというときに自分を守ってもらえないよ」ということ。筆者の中では格言に近いと思うほどの言葉なのですが、長すぎて皆さんには伝わりにくいと思います。そこは、後編にて解りやすく解説したいと思います。~その2~続きます。

守ってほしい、守ってあげたい……どちらかに偏ることなく、お互いにGIVEの精神でいる方が依存しすぎず平和なのかも。

1 2
美人探偵 キャリア その1 アプリ 運勢 結婚 金運 婚活 恋愛運 貧困女子 占い 不倫 アラフォー アラサー 浮気 時短 浮気事件簿 恋愛 セカンド 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。