【オレ流恋愛メソッド】浜崎あゆみの告白本に見る、元カノに色々バラされる男性の心境〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】浜崎あゆみの告白本に見る、元カノに色々バラされる男性の心境〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

先日、歌手の浜崎あゆみさんの告白本『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が出版され、話題になっています。浜崎さんは現在40歳。その活動期間や影響力を考えると、アラフォーだけではなく、男女問わずアラサーからアラフィフまで、彼女の楽曲が人生に何かしらの影響を与えた人も少なくないのではないのでしょうか。特に彼女の熱烈なファンというワケでもない筆者ですら、20代の頃に聴いた彼女の楽曲は今でも強烈な印象として脳裏に残っています。月並みな表現になってしまいますが、楽曲を聴くだけで当時のことを鮮明に思い出すのは言うまでもありません。

そんな彼女がここにきて暴露ともとれる告白本を出版したことで、「なんでバラした?」「なぜ今?」という声もあるなかでの出版だけあって話題沸騰中です。筆者的に、恋愛研究家としてこの本に対してひっかかるものがあったので、電子書籍版を購入して読んでみました。そこで、今回の恋愛メソッドは浜崎あゆみさんの告白本の書評を兼ねて、元カノに色々と暴露される男性の心境を考えてみたいと思います。多少、ネタバレ的な要素もあるので、これから件の本を読もうと思っている人はご理解のうえ読み進めてください。

告白?暴露?小説?いえ、あくまでもビジネスとしての出版物

最初に断っておきますが、本書は告白本や暴露本というよりも小説というていで作られた、あくまでもビジネス(お金儲け)をターゲットとした純然たる「出版物」であるということ。なんとも夢のない話になってしまいますが、ファンや世間が「あの曲の歌詞って彼のことだったの?」とか「できれば謎めいたままにしてほしかった」などと騒ぎ立てるほど、話題にあがり部数も伸びるという、出版側の思惑どおりということになります。少なくとも筆者には、この本を通じて浜崎あゆみさんが、今何かを訴えたいとか伝えたいということは感じ取れませんでした。

だからといって、本が駄作というワケではありません。往年のファンはもちろんのこと、浜崎さんと同年代の今では大人になった当時の若者たち、浜崎さんの全盛期時代を知らない21世紀生まれの10代の子たちでも、現役の恋愛クラスターであれば一篇の恋愛小説として楽しめると筆者は感じます。

冒頭に「事実に基づくフィクションである」とあるように、浜崎さんを始め何人かの人物は実名で登場しますし、実際に起こったエピソードをそのまま描写している部分も多くあると思います。文章は浜崎あゆみ視点で進みますが、執筆したのはノンフィクション作家の小松成美さん。浜崎あゆみさん本人ではなく、あえて第三者が執筆することで、多少エグい表現があったとしても、読者は「あゆ本人が言っているわけじゃないしな」というワンクッションを入れる効果が少なからずあると思います。また、熱烈なファンが目を覆いたくなるような表現があったとしても、「フィクション」という断りをいれておくだけで、気分的にラクになるのではないかと感じます。

1 2
アラサー 時短 恋愛講座 恋愛運 アラフォー 浮気事件簿 浮気 貧困女子 婚活 占い 運勢 その1 金運 セカンド 恋愛 アプリ キャリア 美人探偵 不倫 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。