コラム 【オレ流恋愛メソッド】カップルが成立したと思える出来事は?~その2~

「つきあえた」と実感できるきっかけとして、その1では「告白」や「セックス」など定番な出来事について考えました。ここからは、ちょっとレアなケースについても触れてみたいと思います。

相手の家に行く、相手の家に泊まる

男性が女性の家に行くケースでは、女性が自分の家に男性をあげるなんて日常では考えにくいことです。男性としては、そこまで自分に心を開いてくれてるんだと好意的に受け取りますが、「あわよくばヤれるかも?」と、ゲスな考えを持っている場合もあるので、相手の家に招かれた際には、まだ明確につきあっていないのであれば、よくよく注意するのが無難です。

逆にアナタが相手の男性の家に招かれた場合ですが、自分の家に招くよりは危険度が低いものの、食事をごちそうになる、DVDを観るなど、明確な目的もなく招かれたのであれば、先ほどと同様に注意が必要です。

ただ、いずれにせよ飲んだ帰りに電車がなくなったから相手の家に行くというような、なし崩し的なシチュエーションではなく、きちんとアポをとって日中にお邪魔するのであれば、お互いに、それなりの距離感になっていることを考えれば、恋愛関係一歩手前。相手の家に行っただけでは、つきあったという実感は湧かないかもしれませんが、部屋で2人きりになることにより、距離感がさらに近くなることは間違いありません。もしかすると、そこで告白されて帰る頃には恋愛関係というのも、あながちないわけではありません。

ただし、これはあくまでも日中のお話。男性の家に泊まるとなれば、話は違ってきます。男女とはいえ2人きりで泊まるということは、基本的にはセックスありきと男性は考えます。女性もそれなりの覚悟をして行くでしょう。2人がセックスを経て恋人関係になるならそれもいいかもしれません。ただし、恋愛関係を望んでいるのがアナタだけだとしたら、言葉は悪いですがヤリ逃げされることも考えられます。

この点は、2人の距離感や空気感で大きく違ってきます。アナタの相手が信用できる相手であれば、ハナから拒絶するのも考え物ですが、筆者の考え方としては、アナタのことを明確に恋人として接していないにもかかわらず、家に泊まりに来るように誘うのは信頼できる人とは思えません。信頼できる男性ならば、まずは告白するなどして、2人が恋愛関係であることを明確にしてから自宅に誘うのが筋だと思います。

指輪をプレゼント

男性から指輪をもらうというのは、プロポーズならともかく、つきあってほしい旨の告白には不自然です。女性からしてみたら、たとえ、つきあってもいいと思っている相手でも、つきあう前から指輪をプレゼントされたら、重苦しく感じるものです。さすがにコレはレアケースでしょう。

ただ、相手に告白されてアナタがOKしても、なんとなく「ワタシって彼女なのかな?」と不安に思うこともあるかもしれません。そんな時、彼氏から指輪をプレゼントされて初めて「あー私たちつきあったんだなぁ」と実感できるという人も少なからずいます。女性にとって、金額の大小に関わらず、男性からもらう指輪というのは特別なものなのでしょう。

一方、プレゼントする男性の方も、そんな女性の気持ちを解った上で、お互いの愛を深め合うために指輪をプレゼントします。男性側も自分がプレゼントした指輪を普段からつけていている彼女をみて、「自分だけのものになってくれた」と、つきあっていることを実感します。指輪をつけていることで、対外的にも「彼氏持ち」をアピールしてくれていることはウレシイものです。

ただ、やはり友人関係から恋人関係に移り変わる瞬間に指輪のプレゼントは過大であることは言うまでもありません。

1 2