コラム 【オレ流恋愛メソッド】合コンや食事会で男子が絶対に選ばない女子の行動~その1~

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

最近では「合コン」という名の会合は、あまり聞かなくなりましたが、食事会とか異業種交流会などで恋人を見つけている人もいます。合コンのように、あからさまに恋人を見つける主旨ではない会合でも男女が集まり、良さげな人がいれば恋人候補としてどんどんアプローチするのは良いことです。

しかし、目を付けた相手には、自分にもそれなりの好感を抱いてもらわないことには恋愛に発展しません。そこで、今回は男性目線における「合コンでこんな女子はイヤだ!」について考えてみたいと思います。

終始ふてくされている

筆者的にダントツなのがコレ。何が気に入らないのか知りませんが、ふてくされている女子に好感を持つ男性はいません。たとえ、男性陣のラインアップがイマイチだったとしても、その場だけでも明るく過ごしてほしいものです。もしアナタが「あなたたちの誰1人として興味が湧かないわ」というのであれば、男性陣としても痛恨の極みですが、せっかくお金や時間を割いて集まっているのですから、それなりに楽しく過ごしたいものです。恋愛対象になる人がいなくても、普通の飲み会として世間話や雑談などで盛り上がれるかも知れません。また、アナタ以外の女子勢に、気になる男性が見つかり一歩踏み込みたい人がいるかもしれません。そんな時、あなたがふてくされて場を冷やしてしまうと女子勢にも迷惑をかけてしまいます。

男性陣の中には、意中の女性を射止めることよりも、合コンを楽しく成功させようと世話を焼く人が1人は混じっているものです。特に幹事役がその傾向にあります。そういう人ほど、ふてくされたアナタの態度を敏感に感じ取り、話を振ったり、体調を案じたりと気を遣います。他の男性陣もその幹事役に呼応して、アナタのことを腫れ物に触るかのように扱い出すと、もうアウトです。翌日、男性陣の反省会ではアナタの話題で持ちきりでしょう。

もし、男性陣の態度が気に入らなかったり、どうにも居心地が悪い場合は「仕事で呼ばれてしまった」など、妥当な理由を付けて退席しましょう。多少、場はシラケるかもしれませんが、ふてくされたままで他の参加者に気を遣わせ続けるよりは余程マシです。ただし、その際は、残された女子勢には多かれ少なかれ迷惑がかかることは肝に銘じておいて下さい。

稀にアナタは特に不機嫌でもないのに「ふてくされている」と思われる場合があります。その原因の1つに、あなたの表情が暗いと感じられることあります。これは、たった1つのことに注意するだけで回避できます。それは口角です。「ふてくされてる」とか「暗い」とか言われる女子の多くは、口角が下がっています。それが素の顔なんだし仕方ないと言わず、なるべく笑うような表情をつくるだけで、だいぶ印象が違います。

そう考えると、最初から口角が上がっている顔のつくりの女子は、だいぶ得していますよね。

1 2