コラム 【オレ流恋愛メソッド】優遇される美女と冷遇されるブスの人生格差〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

筆者は常々考えていることがあります。それは、女性の人生において、ルックスの良し悪しで周囲の待遇が天地ほどの違いが一生を通して影響を及ぼすことです。もちろん、筆者が改めて提言するまでもなく、女性のみなさんは自身で痛感していることでしょう。

女性に限らず、男性もルックス次第で得する局面はありますが、女性のソレとは比較にならない程度。女性にとっては、社会の不条理さや男性主導社会に憤りを感じる部分でもあると思います。

例えば、芸能界で例えると、アイドルやグラビアなどルックスで売り出したタレントは、男性の場合は年齢を重ねても渋みを増したり、大人の男性の雰囲気を醸し出して俳優やタレントとして長く活躍できますが、女性アイドルの場合、余程の「何か」がない限り年齢を重ねても「劣化した」とか「終わった」と囁かれ、いつの間にか観なくなってしまう人も少なくありません。

今回は、そんな女性の人生における美女の優遇され具合について考えてみたいと思います。恋愛とは直接関係しないと思われがちですが、皆さんがこれから年齢を重ねて経験するであろう恋愛や色恋沙汰にも影響しますので、参考にしてください。

イケメンも得することはあるが能力が第一

男性目線からすると、女性ウケするようなイケメンが得する場面は、人生の要所要所であります。子供の頃、クラスでリーダーシップをとっていた男の子は、ケンカが強かったり、スポーツが堪能だったり。当然、女子にもウケが良く、男女から慕われる存在の子がリーダー的存在だというのが典型でしょう。もちろん、イケてるルックスも兼ね備えていたかもしれませんが、必ずしもマストではありませんでした。繊細な顔立ちで華奢な男子は、女子にモテはしましたが、万能というワケにはいきませんでした。

やがて大人になり、社会に出てもそれは同様で、ルックスが良いと取引先のウケは良いかもしれませんが、まずは能力ありきです。ブサメンであっても、能力が高ければ周囲から評価され、さらに能力が高い人は起業して巨万の富を得ています。ここまでくるとブサメン度合いは、ほぼ意味をなくし、男女関係なく人々を引きつけます。

もちろん、男性でもルックスをウリにする職業はあります。ただ、やはり女性に比べると、そのニーズは少なくかなり限定されます。また、女性を相手にしたり、女性と一緒に仕事をするような職業の場合は、ルックスがマストでないにせよ、女性にキモがられるようなブサメンよりはイケメンのほうが有利に働くことがありますが、それでも能力あってのことです。

総括すると、男性はブサメンであっても、能力次第でいくらでもリカバリできるということです。これは、恋愛においてもいえることで、見た目が悪くても男性の経済力だったり、地位だったりに惹かれる女性も少なくないため、自分はブサイクだからと言って美女とつきあうことを諦めることもないワケです。

1 2