コラム 【オレ流恋愛メソッド】生足や目力だけではない、『ドクターX』大門未知子の魅力を男性目線で語る〜その1〜

 

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

米倉涼子さんが主演のテレビドラマ『Doctor-X ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が、相変わらずの人気を博しています。主人公の大門未知子は、スゴ腕の外科医にも関わらず、組織や権威を嫌いフリーランスの医師として、大学病院で働いています。大学病院といえば、医局や院内での権力争いがたびたびドラマで取り沙汰されますが、大門未知子はある意味、男性社会でもある大学病院という組織の中で、独自のスタンスやポリシーをつらぬく颯爽とした女医、として描かれています。

主演の米倉涼子さんは、現在42歳。アラフォーにも関わらず、ミニスカートからスラリとのびた生足や、これでもかというぐらいの目力など、女性としての魅力を遺憾なく発揮。劇中では独特のキャラクターを演じるも、男性からの人気は高まるばかりです。

今回の恋愛メソッドは、いつもとは趣向を変えて、そんな米倉涼子さん演じる「大門未知子」がなぜ男性から人気があるのかを、男性目線で語ってみたいと思います。

男性が見ているのは米倉涼子ではなく大門未知子

米倉涼子さんが魅力的で美しい女性であることは、疑う余地もありません。ただ、ドラマを見た男性が惹かれているのは、演じている米倉涼子さんではなく、主人公である大門未知子であるということ。

まず、スゴ腕の外科医というだけで、男性から見ると古くからあるヒーロー像そのものです。さらに、どんなに偉い人物にも自分のスタンスを貫き、権力に屈しない姿は、普段から会社や社会のヒエラルキーの屈服しまくっているサラリーマンから見たら憧れの存在と言えます。ここまでは、主人公の性別に関係なく魅力のある登場人物ですよね。しかし、大門未知子は女性です。ドラマ上の設定では現在41歳。男性顔負けの実力とバイタリティーで、老害ともいえるオジサンたちをやり込める全く新しいタイプの主人公に男性は引き込まれていきます。

1 2