【オレ流恋愛メソッド】女子が整形して美しくなるのはアリorナシを考える〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】女子が整形して美しくなるのはアリorナシを考える〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

さて、今回は女子の皆さんも感心が高い整形のお話。美の追究というのは、女性であれば誰しもが願うこと。日常的に、エステやメイク、ダイエットなどで美しさを保っていても限界はあります。その限界を突破し、さらなる美を追い求められるのが整形手術といったところでしょうか。今回は、整形手術をしてキレイになることについて、考えてみたいと思います。

最初に断っておきますが、筆者は整形に対して肯定も否定もしないスタンスをとっております。結論は改めて最後に書きますが、整形を全面的にオススメするつもりも、絶対ダメとも断定しないということを念頭に読み進めて頂ければ幸いです。

日本ではなぜ整形に否定的なのか?

おとなり、韓国では皆さんご存じのとおり、「整形大国」として男性も女性もカジュアルに整形手術をすることで知られています。なんせ、現役の大統領が整形していることをカミングアウトしてもなんら問題にならないお国柄。一方、日本はというと、芸能人やスポーツ選手などの有名人が整形手術をしているのではないか?という「疑惑」だけでも大きく騒がれたりします。ましてや、一般人が整形していると周囲に知れようものなら、どんな扱いをされるか解らないのが現状ですね。そんな背景があるが故に、整形に対して二の足を踏んでいる人も少なくないと思います。

では、なぜ日本の社会は整形に対して否定的なのか?日本では古来より「親から授かったキレイな体」という文化があり、例えば海外ではカジュアルな文化となっているタトゥーでさえ、「親からもらった体を汚すなんて」という意識があり否定的です(もちろんそれ以外の要素もあります)。タトゥーどころかピアスの穴をあけることすら、否定的な人も根強く残っています。そんな環境の中で「整形する」ということ、そしてそれが周知することは、ただならない障壁になると思います。

もう一点は、キレイになるということにおいて、ダイエットやスキンケアなど本人の努力による成果は美徳される日本ですが、整形はある意味「裏技」的な扱いで、「お金を積んでまでキレイになりたいのかよ」という嫉妬ともとれる意識がどこかにあるように思えます。

また、整形手術による、ある意味人工的な「美」を認めない人も多く感じます。特に男性はこの傾向にあるようで、少しでも不自然な顔の作りをしていると、整形と疑ったり罵詈雑言で責めたりすることも見受けられます。実際に整形をして美を手に入れている女性にとっては、大きなお世話なところですよね。

1 2
金運 浮気 アラフォー 婚活 アプリ 不倫 占い セカンド その1 結婚 美人探偵 運勢 恋愛運 時短 浮気事件簿 アラサー キャリア 恋愛講座 貧困女子 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。