コラム 【オレ流恋愛メソッド】彼女に言われるとイラっとくる、なにげない一言〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

本連載では、主に「どうしたら付き合えるのか?」「どうしたらカワイく見られるのか」など、恋人ができる前の話を重点的にしてきましたが、今回は付き合ってからの話をしたいと思います。

皆さんも女子会などで、女性同士になると彼氏の話や愚痴などを話すことがあると思います。女性ほど多くはありませんが、男性も同様に彼女のことを話す時があります。筆者は、そんな男性の声を数多く取材しており、男性の恋愛に対するお悩みから、のろけ話まで様々。そんな中で、「彼女からなにげなく言われた一言にイラっとした」という話をよく聞きます。

恋人関係が破綻するほど致命的なものではありませんが、よくよく聞いてみると、本当に「なにげない」レベルの言葉ですが「イラっとくるのも頷ける」そんな話が多いので、少しでも皆さんの参考になればと思い、今回、まとめてみることにしました。

ということで、今回は現在つきあっている彼女に言われたらイラっときたり、返答に困る一言についてご紹介したいと思います。あくまでも「頷ける」というレベルなので、「そんなんじゃイラっとこないよ」という男性もいますし、逆に「そんなこと言われたらウレシイ」という人もいると思います。なので、些細なことからドン引きクラスまで、矢継ぎ早に羅列しますので、あまり深く考えずテンポ良く読んで頂く方がよさそうです。

「私のことどう思ってるの?」

筆者的にダントツでイラっとくるのがコレ。どういう返答を求めているのか、甚だ疑問です。「愛しているよ」とか「好きだよ」とでも言って欲しいのでしょうか。自分に対する彼氏の気持ちを確かめたいという女子心は解らなくもありません。しかし、男性的にはあまり頻発されると、「そんなことを言うのはテレくさい」を通り越して、「オレのこと疑ってるのか?」と勘ぐってしまいます。また、一方的に男性側に「愛の言葉」を言わせようとしているともとれるので、余計にイラっとします。アナタのことが好きだからつきあってるんですし。

もし、「私のことどう思ってるの?」と聞きたい時は「大好きだよ」とでも言って、男性が「オレもだよ」と返答できるような聞きかたをするのがベストでしょう。

ズルい男性ならば「愛しているよ、とだけ言っておけばこの女は満足するし、言うだけなら無料」と考える人もいるので、注意して下さい。

「私のこと守ってくれる?」「私を幸せにしてくれる?」

彼女が彼氏とのことや将来に不安を感じているのは解るんですが、なぜ男性が女性を一方的に守る前提なのでしょうか?この聞き方では、「女性は男性に守られて当然」と思っているようにも受け取られかねません。「幸せにしてくれる?」も同様です。彼氏も彼女には支えてもらいたいし、幸せは一緒に作っていくものです。そうすることで、お互いに対等な関係を築くことができるのです。

中には「僕がキミを守る!」と、アナタとの関係について鼓舞される男性もいるとは思いますが、女性が一方的に「守ってもらって当然」というのは時代遅れです。筆者が知る40代こじらせ系女子には、このパターンが多いです。

1 2