コラム 【オレ流恋愛メソッド】「惚れた方が負け」駆け引きで優位に立とうとする男女の攻防戦〜その2〜

前編では、主につきあう前の男女がやりがちな駆け引きについてご紹介しました。後編では、付き合った後、つまり彼氏や彼女に対して、自分へ意識を向けてもらうための駆け引きや、その手段について考えてみたいと思います。~その1~はコチラ

ヤキモチを焼かせる/焼かない

これは鉄板ですね。恋人がヤキモチを焼くということは、自分への愛情の裏付けです。いちいちヤキモチを焼かれると面倒という人もいますが、ヤキモチを焼かないよりは全然マシ。男性からすると、ヤキモチを焼いてくれる彼女は愛おしいものです。

しかし、それを悪用するのが駆け引きというもの。彼女の見ている前で、他の女の子と親しげに会話するのは常套手段。最近では、SNSの投稿にて他の女性との2ショット画像を投稿したり、コメント欄で他の女性と盛り上がったり。それを見た彼女は切ない気持ちになり、彼氏にジェラシーを抱くところまで、駆け引きの範疇だったりします。

また、彼女にヤキモチを焼かせようとする彼氏の駆け引きを逆手に取り、あえてヤキモチを焼かず、気にも留めていないという反撃手段も存在します。彼女にヤキモチを焼かせようとして、画策したのにノーリアクションだったときの彼氏の落胆ぶりを目撃したときは勝ち誇っていいと思いますよ。

ただし、こんな姑息な手段はできれば使いたくないところです。ヘタをすればケンカや破局の原因にもなりますので。

自分からは誘ってこない

デートや食事の誘いはいつも自分ばかりしている、そんな人はいませんか?週末が近づいているのになんの約束もしていないし、かといって予定をいれちゃうと彼と会えなくなっちゃうし。しかたないので、自分から「週末どうする?」と彼に尋ねて、やっと予定が決まるなんてことが、毎週のように起きているようなことありますよね。

この場合の多くは、彼は駆け引きをしているのではなく、計画に無頓着なだけだと思われます。そういう人と割り切ってアナタから行動するか、もしくはなにも行動せず、それぞれが別行動な空白の週末をおくってみて、彼の反応をみるのもアリかと。ただ、せっかくの週末、彼に会いたいのに、寂しく過ごすことになりかねませんので注意が必要です。

1 2