【オレ流恋愛メソッド】都市伝説?それとも現実?ペットを飼っている女子は婚期が遅れる?〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】都市伝説?それとも現実?ペットを飼っている女子は婚期が遅れる?〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

今回はペットのお話。ペットってカワイイですよね。筆者も猫を一匹飼っております。とある統計によると、犬の飼育世帯数は約720万世帯、猫は約550万世帯にものぼるそうです。飼育頭数になると、犬が約800万頭、猫が約950万頭だそうで、猫の方が飼育世帯数が少ないにも関わらず、頭数が多いのは多頭飼いが多いからとのこと。

最近では、独り暮らしの女性もペットを飼っているケースが多く、もはや「ペットブーム」なんていう言葉じゃ片付けられない昨今のペット事情。しかし、「ペットを飼っている独身女性は婚期が遅れる」という都市伝説めいた話を聞いたことがありませんか? 今回の恋愛メソッドはそんな都市伝説を解明すべく、ペットの話に切り込んでみたいと思います。筆者が考えるところ、飼っているペットが犬か猫かでだいぶ事情が違うようです。

あくまでも自分は自分という猫

猫を飼っている人はご存じのことと思いますが、猫は自立心が強く、人間に従属することがありません。人間に飼われていたとしても、猫にとってはあくまでも同居人。中には、誰か1人を親的な位置づけとして認識する場合もありますが、言いなりになったり、支配されるようなことはありません。

例えば、飼い主が失恋するなどして、落ち込んでいても積極的になぐさめてくれるようなことはまずありません。ただ、猫もバカではないので、飼い主が落ち込んでいることは敏感に察しているようですが、具体的になにかしてくれることは稀です。

逆に、丸一日、下手をすれば数日間もコミュニケーションをとらなくても、さほど気にしない猫も少なくありません。もちろん、お互いに甘えたり、激しくスキンシップを交わすことはありますが、あくまでも自分は自分の生活があり、干渉しない部分というのが存在します。猫は飼い主に従属しない以上、立ち位置はあくまでもお互いにイーブンであり、人間が保護者的な立場をとっていても、当の猫は「保護されている」なんて気持ちはこれっぽっちもないでしょう。

1 2
恋愛講座 セカンド 恋愛 派遣女子 恋愛運 結婚 アプリ アラフォー アラサー 美人探偵 婚活 占い 運勢 時短 iPhone 浮気事件簿 貧困女子 派遣 不倫 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!