【オレ流恋愛メソッド】シングルマザー、シングルファーザーとの結婚で、乗り越えなければならない壁はどこにある?〜その2〜

【オレ流恋愛メソッド】シングルマザー、シングルファーザーとの結婚で、乗り越えなければならない壁はどこにある?〜その2〜

前編では、シングルマザーでも恋愛してもいいじゃないか、ただし、子供が最優先になるのは仕方のないことで、一般的なカップルのような恋愛とはいかないという話をしました。~その1~はコチラ

後編では、相手の女性に子供がいることを承知した上で付き合ってはみたものの、やはりわだかまりが残っている男性の例をご紹介したいと思います。

好きなった女性に子供がいた

Aさんは、仕事で知り合った女性と付き合っています。相手には、6歳になる男の子がおり、1人で育てているそうです。元夫とは金銭トラブルで3年前に離婚。子供の親権は女性が持つことになり、養育費はもらっていないとのこと。女性はパートで働きながら子供を育てているそうで、経済的に苦しいながらもなんとか生活しているとのこと。

その女性の状況を知った上で、Aさんは付き合うことにしました。Aさんにとっては、生活が苦しい女性を助けてやろう、というつもりで付き合ったわけではなく、単に女性が魅力的だったからというのが発端でした。その女性は、活発で明るく前向きな人ということで、付き合いを続けて行くうちに、Aさんは女性のことがどんどん好きになっていったそうです。

女性は仕事と子育てを両立するために、多忙を極めていました。Aさんとは少ない時間を縫うようにして会っていたそうです。しかし、子供の面倒を見るために、いつも早く帰宅してしまう女性を見て、少しずつですがAさんの中に不満がふくらみはじめました。

Aさんとしては、女性のそんな状況を受け止めると決めてつきあったのですが、Aさんを好きになるにつれて、もうすこし恋人らしく長い時間を過ごしたいと思うようになったそうです。しかし、そんな気持ちを女性に打ち明けようものなら、2人の関係は終わってしまうことは、Aさんも当然理解しています。彼女にとって、最優先なのは子供なのですから。

1 2
アプリ 恋愛運 派遣 貧困女子 派遣女子 占い 結婚 浮気事件簿 婚活 アラサー iPhone 金運 運勢 美人探偵 恋愛 恋愛講座 アラフォー 不倫 時短 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!