コラム 【オレ流恋愛メソッド】女性から「好かれる女性」「嫌われるオンナ」〜その2〜

今回の恋愛メソッドでは、女性から好かれる女性と嫌われるオンナについて、女性の生の声をもとに言及しています。前編では好かれる女性について語りました。結論としては、女性として好かれるというよりも、1人の人間として好かれているということが浮き彫りになった形になりました。~その1~はコチラ

後編では、いよいよ「嫌われるオンナ」の部分について突入します。「好かれる女性」と違って、こちらは取材した女性たちの口から次々に噴出するありさまでした。それでも行ってみます。

■男に媚びを売るオンナ

最も多かった意見が男に媚びを売るオンナ。「男に媚びを売る」と聞いて「モテるために?」という印象を持ちますが、実はそれだけではないようです。彼氏をゲットするだけならイケメン相手にでも愛想を振りまいていればいいように思いますが、どちらかというとステータスや財力のある人に対して、女の武器をアレコレ駆使して媚びを売っているとのこと。最近では、起業家や経営者のような財力がある人だけでなく、SNSで多くのフォロワーを抱えるネット有名人に対しても媚び売りは行われている模様。

具体的には、目当ての男性がSNSに投稿すると、欠かさずイイネやコメントをし、飲み会があれば隣に座ってせっせとお酌。嫌らしくならない程度に愛嬌を振りまいて、よっぱらった男性陣に「楽しく飲める女性だな」という印象を植え付けて、次回の飲み会には必ず招待される仕組みを誘発するそうです。その際に、「この有名人と私は懇意にしているのよ」をアピールするために、集合写真や2ショット写真を自分のSNSに投稿するというオマケつき。「お前はキャバクラ嬢かよ!!」と憤る女性までいました。

さらに、話はここでは終わりません。そういう処世術に長けている女性は、男性だけでなくコミュニティー内で権力を持つリーダー的な女性や、ルックスの良さで男女問わず人気のある女性に取り入るのも上手いらしく、ロックオンする相手の選び方があからさますぎなことに気づいてないのは本人だけ。周囲の人にはバレバレだということでした。

うーん、筆者の感想としては、このことを吐露してくれた女性の僻みが少し入っているのかなと思いつつ、会社や業界で影響力のある人のSNSの投稿には必ず同じ女性のイイネがついているのを目撃するのも事実です。これは「好かれる女性」の中で「相手によって態度を変えない人」の真逆に位置するのではないかと。相手を見て、自分に利益がある人とそうでない人をジャッジして、人付き合いを決める打算的な人というのは、女性に限らず嫌われる傾向にあります。それが、最近ではSNSの普及で会社内にとどまらず、色々なコミュニティーに波及しているようですね。

1 2