【オレ流恋愛メソッド】あなたの知らないフェチの世界〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】あなたの知らないフェチの世界〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

本連載でもたびたび取り上げているフェチの世界。1つ間違えばハラスメントや犯罪のレベルまで昇華しそうなものまでありますが、実力行使に出て誰かが迷惑を被らない限りは目くじらを立てないで、できれば生温かく見守ってほしいものフェチが持つ一面だと筆者は思っています。

女性が持つ”なにか”に抱く男性のフェティシズムですが、女性からすると「バカでしょ?」というものや「変態ですね」というものまで様々。しかも、男性同士でも何を言っているのか、サッパリ理解できないことなんて日常茶飯事です。そこで、今回の恋愛メソッドでは筆者が聞いたマニアックすぎるフェチについて語ってみたいと思います。

依然として根強いメガネ・黒髪フェチ

足やメガネはフェチの中でも王道ですが、最近では語られ尽くして、すでにフェチさを感じなくなってしまう事態にまで発展しているようです。メガネにしろ黒髪にしろ、そのフォルムだけにフェティッシュななにかを感じるのではなく、メガネは知性、黒髪は清楚など、その女性のバックボーンを連想もしくは妄想させるアイテムとして成立している模様です。

「メガネ好き」を公言する男性の多くは、自分がフェチだという認識はなく、ただの好みの1つとして考えているようです。しかし、女性目線で考えると、目が悪いわけではないのに彼氏に「メガネをかけてよ」と言われたら、実際にやるかはともかく、やはり違和感はあるとのこと。まぁ例え彼氏がフェチだったとしてもメガネぐらいは許容してあげてほしいものです。特に実害があるわけではないので。

1 2
恋愛 恋愛講座 運勢 貧困女子 占い セカンド 浮気事件簿 iPhone 不倫 派遣 結婚 美人探偵 アラサー アラフォー 金運 浮気 婚活 時短 恋愛運 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!