【オレ流恋愛メソッド】あなたの知らないフェチの世界〜その2〜

【オレ流恋愛メソッド】あなたの知らないフェチの世界〜その2〜

男性が女性に抱くフェティシズムの世界。男性同士で自分が持つフェチを語っても理解不能なものばかり。しかし、安易に「変態」と責めてはいけません。男女問わず、フェチはロマンであり想像力の根源でもあるからです。他人のフェチを聞いているうちに、視点の角度に驚くこともしばしば。そんなフェチについて語っている今回の恋愛メソッドですが後編もお付き合い下さい。~その1~はコチラ

これが真の声フェチ

声フェチと聞いて、ピンとくる女性読者もいるのではないでしょうか。自分好みの渋い声、カワイイ声など、容姿よりも声が重要だと位置づける人。しかし、それはあくまでも恋愛対象を決める1つの要素でしかなく、実際には声だけでなく、顔やスタイルや雰囲気や性格などをひっくるめて恋人を決めますよね。

でも、真の声フェチにとって容姿は全く意味を持たないそうです。むしろ、声に萌えられるのであれば、本人の容姿なんて見たくないという主張まであります。それって、アニメの声優と同じ方向性?と思うかも知れませんが、そうではないそうです。声優は2次元のキャラクターを演じていますが、声優本人もメディアに露出して自身の声を発しています。真の声フェチの人に言わせると、声の主は絶対に姿を現さずに、あくまでも「声だけの人」という前提が大切なんだそうです。そこで、気に入った声を聞いているうちに「どんな人なんだろうな……」と妄想だけするのが真の声フェチの真骨頂だとか。

例えば、各種サポートセンターの女性オペレーターさんとか、ネトゲのボイスチャットで知り合った女性プレイヤーがそれに該当するらしいです。ちなみに自動音声や駅や電車の案内などは、「会話しているわけじゃない」という理由で除外されるんだとか。

しかし、声に萌えるのは解りますが、一般的には「こんな美声の持ち主に会ってみたい」と思うはずが、真の声フェチ的には本人を見たり、会うのがNGというある意味、苦行を通り越してファンタジーの域にまで達しています……。

1 2
結婚 金運 恋愛講座 不倫 時短 セカンド 貧困女子 浮気 美人探偵 iPhone 恋愛 占い 恋愛運 婚活 浮気事件簿 アプリ 派遣 アラフォー 運勢 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!